大根仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おおね ひとし
大根 仁
生年月日 (1968-12-28) 1968年12月28日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都国立市
身長 167cm
職業 演出家映画監督
ジャンル テレビドラマ映画舞台ミュージック・ビデオ
事務所 オフィスクレッシェンド
主な作品
テレビドラマ
トリック
モテキ
まほろ駅前番外地
映画
モテキ
バクマン。
 
受賞
日本アカデミー賞
第39回 優秀監督賞
(『バクマン。』)
その他の賞
備考
オフィスクレッシェンド取締役
テンプレートを表示

大根 仁(おおね ひとし、1968年12月28日 - )は、東京都国立市出身のテレビドラマ演出家映画監督オフィスクレッシェンド取締役。

経歴[編集]

ドラマ『北の国から』の第1回を見た時に衝撃を受け、その後たまたま書店で見つけた『北の国から』のシナリオを手に取ったことからドラマ作りに興味を持った[1]。映像系の専門学校に進学し、在学中に制作したPVが当時専門学校に講師で来ていた映画監督・堤幸彦の目に留まり、その縁で堤と秋元康が作った番組制作会社「SOLD OUT」に入社。

ヴァンパイアホスト』、『30minutes』、『ライオン丸G』、『週刊真木よう子』、『湯けむりスナイパー』、『モテキ』などテレビ東京を中心に多くの深夜ドラマの演出を手がけた。

2012年、ドラマの劇場版であり初監督映画の『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞[2]

受賞歴[編集]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

舞台[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

バラエティ番組[編集]

出演番組[編集]

連載[編集]

コラム
  • 東京スナイパー(週刊SPA!、2009年 - 2021年5月4日・11日合併号)

脚注[編集]

  1. ^ 大根仁:「モテキ」以前を語る 無料ワークショップ開催
  2. ^ 日本アカデミー賞公式サイト 第35回日本アカデミー賞優秀賞発表! 2012年3月3日参照。
  3. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月18日閲覧。
  4. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
  5. ^ 受賞結果総評 | 第106回ドラマアカデミー賞、ザテレビジョン、2021年2月22日閲覧。
  6. ^ 大山勝美賞、放送人の会、2021年5月3日閲覧。
  7. ^ 大根仁が大河ドラマにもたらしたものとは? 『いだてん』「前畑がんばれ」の裏側を解説]”. リアルサウンド 映画部. 2019年9月22日閲覧。
  8. ^ 漫画「バクマン。」が実写映画化 - 主人公コンビは佐藤健&神木隆之介、『モテキ』の大根仁が監督”. Fashion press. 2015年9月6日閲覧。
  9. ^ http://www.denkigroove.com/themovie/home.html
  10. ^ 福山雅治、大根仁監督の「SCOOP!」でひげ面のパパラッチに、共演は二階堂ふみ”. 映画ナタリー (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  11. ^ 民生楽曲たっぷり使用!「奥田民生になりたいボーイ」を大根仁が映画化”. 音楽ナタリー (2016年5月20日). 2016年5月23日閲覧。
  12. ^ “韓国のヒット作「サニー」の日本版を大根仁が撮る!主人公の現在は篠原涼子、過去は広瀬すず”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年10月2日). http://eiga.com/news/20171002/1/ 2017年10月2日閲覧。 
  13. ^ リリー・フランキー脚本!「東京ラジオ」オリジナルラジオドラマ/「東京」 2021春 サヤカとトモヤ ~君の牛、再び~ 伊藤沙莉、森優作、大根仁、マキタスポーツら出演”. PR TIMES. 2021年4月23日閲覧。

関連項目[編集]