大森佳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大森佳一

大森 佳一(おおもり かいち、1883年明治16年)8月2日[1] - 1945年昭和20年)3月25日)は、日本の政治家内務官僚貴族院議員、官選県知事男爵

経歴[編集]

本籍・静岡県東京府出身。男爵大森鍾一の長男として生まれる。学習院高等学科を経て、1909年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。内務省に入り千葉県属となる。1911年11月、文官高等試験行政科試験に合格。

以後、群馬県属、滋賀県理事官滋賀県警察部長、栃木県警察部長、岩手県内務部長、山形県内務部長、茨城県書記官・内務部長、群馬県書記官・内務部長などを歴任。1927年、父の死去に伴い男爵を襲爵。

1928年1月、群馬県知事に就任し、1929年9月まで在任。1930年9月、島根県知事に発令され、1931年8月まで務め退官した。同年9月、貴族院男爵議員に選出され、公正会に属し死去するまで在任。その他、岡田内閣の内務政務次官、恩給金庫評議員、地方分与税委員会委員などを務めた。

親族[編集]

  • 長男 大森俊一(電気工学者)

脚注[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、330頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


日本の爵位
先代:
大森鍾一
男爵
大森(鍾一)家第2代
1927年 - 1945年
次代:
大森俊一