大森慶次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大森 慶次郎(おおもり けいじろう、1907年明治40年)10月11日[1] - 1962年昭和37年)5月11日[2])は、大正から昭和時代の政治家銀行家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

大森嘉四郎の長男として山梨県東八代郡南八代村八代村八代町を経て現笛吹市八代町南)に生まれ、1896年(明治29年)家督を相続する[1]早稲田大学文学科を卒業し、南八代村会議員、東八代郡会議員を歴任[1]1896年(明治29年)甲府市柳町に大森銀行を創立し、のち頭取となる[3]

1918年(大正7年)山梨県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[4]から翌年の7月8日[5]まで在任した[2]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 甲府興信所 1940, 403頁.
  2. ^ a b 衆議院、参議院 編 1960, 185頁.
  3. ^ 甲府興信所 1940, 403-404頁.
  4. ^ 『官報』第1848号、大正7年9月30日。
  5. ^ 『官報』第2078号、大正8年7月9日。
  6. ^ 甲府興信所 1940, 404頁.

参考文献[編集]