大森研一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおもり けんいち
大森 研一
生年月日 (1975-05-23) 1975年5月23日(44歳)
出生地 日本の旗 愛媛県
職業 映画監督映像作家脚本家
事務所 ウサギマル
公式サイト http://usa.boy.jp/
主な作品
ライトノベルの楽しい書き方
瀬戸内海賊物語
ポプラの秋
やっさだるマン
ふたつの昨日と僕の未来

大森 研一(おおもり けんいち、1975年 - )は、日本映画監督映像作家脚本家香川大学大学院非常勤講師、砥部焼観光大使(愛媛県砥部町)、伊達なうわじま観光大使(愛媛県宇和島市)、新居浜ふるさと観光大使(愛媛県新居浜市)、三原アンバサダー(広島県三原市)、合同会社ウサギマル代表。

愛媛県砥部町出身[1]大阪芸術大学卒。

人物[編集]

映画祭で多数の受賞歴を持つ。テレビ朝日ブロスタTVアワードでの準グランプリ受賞(実写グランプリ)を機に製作した 初の商業用長編映画ライトノベルの楽しい書き方』(監督・脚本)は、東京・池袋テアトルダイヤほか全国で公開。小規模封切りにもかかわらず王様のブランチミニシアターランキング全国3位、ぴあ初日満足度ランキングでは全国6位を記録し7週間ロングラン上映となり、DVDオリコンチャートにおいては販売デイリーランキング映画総合において全国1位を記録した。 またエンジェルロード脚本賞においてグランプリを受賞し制作した『瀬戸内海賊物語』配給:松竹(2014)においては千人規模のオーディションがおこなわれ、当時は演技未経験であった葵わかなを主要キャストとして選出している。本田望結初主演による映画『ポプラの秋』(2015)、『海すずめ』(2016)、『やっさだるマン』(2018)、『ふたつの昨日と僕の未来』など年毎に公開、その演出・脚本力については非常に高い評価を受けている。

監督作品[編集]

長編映画[編集]

テレビドラマ[編集]

短編映画[編集]

  • 『虹色喫茶』/短編16分(2006年)
  • 『酔いどれバトン』/短編16分(2007年)
  • 記念日』(2007年)DVD『神様の言うとおり短篇.jpルーキーズ第1弾』
  • 『アタシの鍵は』/中篇46分(2008年)
  • 『White Line』(2008年)
  • 『恋文から』(2009年)
  • 『しゃっくりのこころ』(2009年)
  • 星の降る丘名古屋市主催ショートストーリーなごや「大賞作品」(2009年公開)
  • 『げんこつ母さん』埼玉県SKIP(2010年公開)
  • 『ミサリー』松竹芸能×大森研一(2011年公開)

TV番組[編集]

  • スカパー! : ミニショット番組演出
  • 日本ものづくり大賞~受賞者たちの挑戦~ : BS-TBS演出・制作

MV[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 『シンパシー・ライジング』2017年 愛媛県砥部町ミュージカル脚本

執筆・原案[編集]

ほか[編集]

国際映画祭[編集]

国際映像祭[編集]

  • 日本国際観光映像祭2018:スポーツツーリズム優秀賞(『新居浜市PV』)

国内映画祭[編集]

[編集]

  • テレビ愛媛賞35 (2015)

脚注[編集]