大森美優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おおもり みゆう
大森 美優
プロフィール
愛称 みゆぽん
生年月日 1998年9月3日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 B型
公称サイズ(2018年[1]時点)
身長 162 cm
活動
デビュー 2011年
活動期間 2011年 -
著名な家族 大森剛
備考 AKB48 チーム4メンバー
(元12期研究生→チームB)
事務所 株式会社DH
主な出演作 『カーテンコール』[2]
アイドル: テンプレート - カテゴリ

大森 美優(おおもり みゆう、1998年平成10年〉9月3日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ・AKB48チーム4のメンバーである。神奈川県出身。株式会社DH所属[3]。父は元プロ野球選手で、現在は読売ジャイアンツ統括スカウト兼国際部課長の大森剛[4]

略歴[編集]

2011年

2月20日、AKB48第12期生オーディションに合格。

5月14日、前座ガールとしてAKB48劇場で公演デビュー。曲目は「ロマンスかくれんぼ」[5]

2013年

4月28日、日本武道館で行われた『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』においてチームBへの昇格が発表される[6]

2014年

2月24日、Zepp DiverCityで開催された『AKB48グループ大組閣祭り』において、チーム4への異動が発表される[7]

2015年

5月19日から6月5日にかけて投票が実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では第67位でアップカミングガールズに選出(初ランクイン)。

2016年

3月6日、グループメンバーの小笠原茉由(同年グループ卒業)、向井地美音とともに愛媛県松山市の観光PRを担う「松山おもてなし大使」に任命される[8]

5月11日、劇団シアターザロケッツプロデュース公演 vol.1『雨のち晴れ』にて舞台初出演(主演)[9]

5月31日から6月18日にかけて投票が実施された『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では第73位でアップカミングガールズに選出。

2017年

5月30日から6月16日にかけて投票が実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』で75位になり、アップカミングガールズに選出。

2018年

5月29日から6月15日にかけて投票が実施された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』で88位になり、第10回世界選抜総選挙記念枠に選出。

2019年

11月16日より公開の『カーテンコール』にて映画初出演(AKB48ドキュメンタリー映画を除く)・初主演(AKB48チームK 茂木忍とのW主演)[10][11]

2020年

11月29日、「2020 AKB48新ユニット! 新体感ライブCONNECT祭り♪」振替公演[注 1]eスポーツ応援ユニット「GRATS」の公演に出演する[12]

2021年

7月1日、機能性発声障害の治療のため、一部の活動を制限することを発表[13]

人物[編集]

キャッチフレーズは「デコぽん、すっぽん、思いっきり・・・ みゆぽん!」[14]

公式ニックネームは「みゆぽん」[14]。ファンや親しいメンバーからは「ぽんちゃん」と呼ばれることも多い(後輩メンバーからは「ぽんさん」)。

名前の由来は、ポケットモンスターミュウ[15]

チャームポイントは茶色い瞳[16]

歌唱力に定評があり[17]、2012年のアルバム「1830m」では「ロマンスかくれんぼ」のソロ歌唱が収録される。『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』などのコンサートでも、同曲をソロで歌唱している[18]

個性的な絵を描くことがモバイルメールやSHOWROOMを通じてファンに知られるようになった[19]。2016年7月より、ネット生配信番組『アイドルピカソ』にてアシスタントMCを務め[20]、ゲストとともに毎月作品を披露していた。ちなみに、「絵は瞬間芸」であると語っており[21]、作品の制作に数日かけるゲストもいる中、大森は基本的に数十秒~数分で完成させる[22]

選手時代の父を直接見たことはないが、YouTubeで当時の映像を見ることはある[23]。将来の夢・目標の一つは野球関係の仕事[24]

グループ外での活動として舞台によく出演しているが、なぜか死ぬ役が多い[25]

ファンからよく言われる言葉は「観葉植物みたい」「空気がきれい」「生きててくれてありがとう」[23]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

  • 1830m」に収録
    • ロマンスかくれんぼ - ソロ曲
    • さくらんぼと孤独 - 「研究生」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • 涙は後回し - 「Team 4」名義
  • 0と1の間」に収録
    • 泣き言タイム - 「Team 4」名義

その他参加曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームBウェイティング公演

  • 抱きしめられたら
  • ごめんね、ジュエル

峯岸チーム4「アイドルの夜明け」公演

  • アイドルの夜明け(楽器:バスドラム、フルート)
  • 口移しのチョコレート
  • 片想いの対角線
  • 愛しきナターシャ

横山チームK「RESET」公演

  • 奇跡は間に合わない
  • 逆転王子様

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • 雨のピアニスト
  • 君だけにchu!chu!chu!

田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演

  • Bird

高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • Confession

「僕の太陽」リバイバル公演

  • 向日葵

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」

  • 制服ビキニ
  • She's gone

小嶋陽菜「好感度爆上げ」公演

  • 背中から抱きしめて

外山大輔「ミネルヴァよ、風を起こせ」公演

  • コップの中の木漏れ日
  • おしべとめしべと夜の蝶々

「サムネイル」公演

  • すべては途中経過
  • ひび割れた鏡

村山チーム4「手をつなぎながら」公演

  • この胸のバーコード
  • 雨のピアニスト[注 2]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 劇団シアターザロケッツプロデュース公演vol.1「雨のち晴れ」(2016年4月5日 - 4月10日、HOPE) - 晴美 役(主演)[26]
  • ミュージックシアター「Express」(2016年7月7日、THEATRE1010) - ジョバンニ 役 (主演)[27]
  • 劇団TEAM-ODAC第22回本公演「MOON&DAY〜うちのタマ知りませんか?〜」(再演)(2016年9月7日 - 11日、草月ホール) - 小峰一美 役[28]
  • 爆走おとな小学生第四回全校集会「勇者セイヤンの物語(真)」(2017年7月26日 - 30日、CBGKシブゲキ!!)- エタノール 役(主演)[29]
  • 劇団れなっち「ロミオ&ジュリエット」(2018年5月9日 - 13日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - バルサザー 役(白組)[30]
  • Music Theater 「Express」(再演)(2018年7月5日 - 7月6日、目黒パーシモンホール 大ホール) - ジョバンニ 役 (主演)[31]
  • 「カーテンコール」(2019年2月28日 - 3月3日、築地ブディストホール) - 結奈 役(主演)[32]
  • 劇団シアターザロケッツ第八回舞台公演「両家顔合わせ」(2019年3月27日 - 3月31日、ポケットスクエア ザ・ポケット) - 西村桜 役(主演)[33]

朗読劇[編集]

  • UBUGOE 〜voice of comedy〜 vol.5(2015年7月10日、ユナイテッド・シネマ豊洲)[34]
  • UBUGOE 〜voice of comedy〜 vol.8(2015年12月16日、かめありリリオホール)[35]

映画[編集]

  • カーテンコール(2019年11月16日、ミカタ・エンタテインメント) - 蘭 役(主演)[10]

ネット配信[編集]

  • アイドルピカソ(2016年7月28日 - 2020年9月24日、WALLOP) - アシスタントMC(月1回配信)[36]

書籍[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年2月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてイベント自粛要請がなされたため延期となっていた。
  2. ^ 2020年11月より開始された8人体制の公演で披露。
  3. ^ 覆面作家として連載していたが、AKB48グループ新聞 2019年5月号にて作者が明かされた。

出典[編集]

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』121頁
  2. ^ AKB48茂木忍&大森美優、注目は「“幽霊部員”の遺影」 W主演映画撮了”. マイナビニュース. マイナビ (2019年5月28日). 2020年8月9日閲覧。
  3. ^ AKB48公式サイト|メンバー|大森 美優”. AKB48公式サイト. 2020年8月10日閲覧。
  4. ^ 【第7回AKB総選挙】元巨人大森剛氏の娘・大森美優が初ランクイン”. ORICON NEWS. oriconn ME (2015年6月6日). 2020年8月10日閲覧。
  5. ^ AKB48劇場10周年企画【年表】2011年(モバイルのみ)”. AKB48公式サイト. 2020年8月9日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “AKB48、夏に5大ドーム公演決定&新たなグループ兼任発表” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年8月9日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. ““交換留学生”含むAKBグループ大組閣、メンバーに衝撃” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年8月9日閲覧。
  8. ^ AKB48大森美優・小笠原茉由・向井地美音、「新松山おもてなし大使」に選抜 | ニュース | Deview-デビュー”. Deview. 2020年8月9日閲覧。
  9. ^ 舞台特設サイト”. 劇団シアターザロケッツ. 2020年8月9日閲覧。
  10. ^ a b AKB48茂木忍&大森美優、注目は「“幽霊部員”の遺影」 W主演映画撮了” (日本語). マイナビニュース (2019年5月28日). 2020年8月9日閲覧。
  11. ^ カーテンコール : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年8月9日閲覧。
  12. ^ AKB48『GRATS』ライブもゲームも真剣勝負!圧巻の「47街」も披露:大森美優・柏木由紀・佐々木優佳里・馬嘉伶・武藤十夢・吉川七瀬 | OKMusic”. okmusic.jp. 2021年1月21日閲覧。
  13. ^ はじめまして&今後について|大森美優(AKB48)|note” (日本語). note(ノート). 2021年7月2日閲覧。
  14. ^ a b 大森美優 - AKB48 Mobile(モバイルサイト)”. 2020年8月10日閲覧。
  15. ^ AKB48メンバーの、名前の由来が安易すぎ!?「ポケモンが流行っていたから“ミユウ”」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2020年8月9日閲覧。
  16. ^ OVERTURE No.008, p85. 徳間書店 
  17. ^ AKB48総選挙公式ガイドブック2015, p106. 講談社 
  18. ^ AKB48公式サイト|AKB48単独/グループ「リクエストアワー セットリストベスト100 2016」” (日本語). AKB48公式サイト|AKB48単独/グループ「リクエストアワー セットリストベスト100 2016」. 2020年8月10日閲覧。
  19. ^ AKB48・大森美優さんイチオシの癒やし系アプリ=後編=” (日本語). STANDBY. 2020年8月10日閲覧。
  20. ^ https://twitter.com/omorimyu_pon/status/809754867388518400” (日本語). Twitter. 2020年8月10日閲覧。
  21. ^ GAHAKU中編 / AKB48[公式 - YouTube]”. www.youtube.com. 2020年8月9日閲覧。
  22. ^ (日本語) アイドルピカソ #21(2018/12/22 放送回), https://www.youtube.com/watch?v=OHNpwrvRTaE 2020年8月10日閲覧。 
  23. ^ a b 何もしてあげられていない… AKB48・大森美優さん:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月10日閲覧。
  24. ^ AKB48グループプロフィール名鑑2018. 宝島社 
  25. ^ 大森美優(AKB48)インタビュー” (日本語). ILLUMINUS (2018年6月26日). 2020年8月10日閲覧。
  26. ^ シアターザロケッツ” (日本語). www.facebook.com. 2020年8月10日閲覧。
  27. ^ ミュージックシアター「Express」” (日本語). Peatix. 2020年8月9日閲覧。
  28. ^ STAGE | 劇団TEAM-ODAC”. 2020年8月9日閲覧。
  29. ^ Inc, Natasha. ““RPG風アクションファンタジー”「勇者セイヤンの物語(真)」に佐川大樹、橋本真一ら” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月9日閲覧。
  30. ^ AKB48岡田奈々ら「ロミオ&ジュリエット」熱演 HKT48神志那結衣のロミオにうっとり「好きになりました」<劇団れなっち> - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2020年8月9日閲覧。
  31. ^ ミュージックシアター「Express」 | CoRich舞台芸術!” (日本語). CoRich舞台芸術!. 2020年8月9日閲覧。
  32. ^ カーテンコール|ローチケ[ローソンチケット]”. 2020年8月9日閲覧。
  33. ^ 劇団シアターザロケッツ第八回舞台公演『両家顔合わせ~本日晴天、替え玉日和~』 | 公演情報 | Deview-デビュー”. Deview. 2020年8月10日閲覧。
  34. ^ Inc, Natasha. “チュート福田主演&ムートン伊藤脚本の朗読劇、2700八十島作品も” (日本語). お笑いナタリー. 2020年8月10日閲覧。
  35. ^ NEWS | 劇団TEAM-ODAC” (日本語). 2020年8月10日閲覧。
  36. ^ アイドルピカソ” (日本語). 2020年8月10日閲覧。