大森義基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大森 義基(おおもり よしき)は、日本のサクソフォーン奏者。

三重県出身。昭和音楽大学、フランス国立セルジーポントワーズ音楽院卒業。

略歴[編集]

  • 1987年武蔵野音楽学院専門科修了。1990年、昭和音楽大学在学中に第7回日本管打楽器コンクール入賞。
  • 1991年同大学音楽学部器楽科卒業、特別賞受賞。県立音楽堂新人オーディションに合格し同新人演奏会出演。読売新人演奏会出演。NHK新人オーディションに合格し、NHKデビューリサイタル出演。
  • 1992年下八川基金を受け渡仏、フランス国立セルジーポントワーズ音楽院入学。
  • 1993年パリ・レオポールベラン音楽コンクール1位入賞。1994年パリ国際音楽コンクール2位入賞、審査員特別賞受賞。同年、同国立音楽院を審査員全員一致の首席で卒業。フランスのモンレリー市主催によるリサイタル開催、帰国後の1995年、1996年ソロリサイタル開催、「豊かな表現力と美しい音色、喜びにあふれた演奏会」と評される。音楽誌にも「低い音から高い音まで魅力的な音を持ち、音楽性豊かな才能あるサクソフォン奏者」(音楽の友)と掲載される。
  • 1997年デビューアルバム「ヴァカンス」をリリース。「よしきのサックスとおしゃべりコンサート」を東京、三重、神奈川で開催。
  • 1999年、2000年ソロリサイタル開催。1999年東京、2001年金沢、福井、横浜において師である宗貞啓二とジョイントコンサートを開催。
  • 2002年セカンドアルバム「ア・ラ・パリジェンヌ」をリリース。ソロ活動の他にも室内楽オーケストラ等で活躍。

東京プリュス木管六重奏団、アンサンブル「シペルソン」、「waiwaiERIA」、TADウィンドシンフォニー団員。また、全国各地でのクリニック、吹奏楽、アンサンブルなどの後進の指導にも力を注いでいる。クレアーレ・マスタークラス講師。「GRAND BOIS SAXOPHONE CLUB」音楽監督。

これまでに、サクソフォーンを市川豊、大室勇一、宗貞啓二、ジャン=イヴ・フルモー、(パリ・セルマー社マスタークラスにおいてクロード・ドゥラングルに師事。日本演奏連盟、日本サクソフォーン協会(運営委員)、B♭音楽家協会それぞれの会員。

注釈・出典[編集]