大槻文蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおつき ぶんぞう
大槻 文藏
生誕 (1942-09-25) 1942年9月25日(76歳)
日本の旗大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業 能楽師
受賞 2002
紫綬褒章
2013
旭日小綬章
2018
文化功労者

大槻 文藏(おおつき ぶんぞう、1942年昭和17年)9月25日 - )は、シテ方観世流能楽師。2012年現在、大阪を代表する能楽師である[1]

概要[編集]

大槻秀夫の長男として大阪に生まれる。祖父(大槻十三)、父(大槻秀夫)、観世寿夫八世観世銕之亟に師事[1]

自身の発表の会として「大槻文藏の会」を毎年開催している[2]

梅原猛天野文雄・村上湛・堂本正樹伊藤正義らとともに、復曲能や新作能にも積極的に取り組む。

2013年4月 大槻裕一を芸養子とする。

主な略歴[編集]

  • 1947年(昭和22年)『鞍馬天狗』稚児で初舞台。
  • 1950年(昭和25年)『猩々』で初シテ。
  • 1955年(昭和30年)『鷺』
  • 1957年(昭和32年)『道成寺
  • 1969年(昭和44年)『望月』
  • 1982年(昭和57年)『恋重荷』
  • 1989年(平成元年)『卒都婆小町
  • 1990年(平成2年) 『朝長・懺法』
  • 1998年(平成10年)『檜垣
  • 2007年(平成19年)『関寺小町
  • 2012年(平成24年)『姨捨』
  • 2014年(平成26年)『鸚鵡小町』を披く

主な復曲能[編集]

  • 1985年 - 『松浦佐用姫
  • 1986年 - 『苅萱
  • 1987年 - 『多度津左衛門』
  • 1988年 - 『維盛』
  • 1991年 - 『鵜羽』
  • 1997年 - 『敷地物狂』
  • 2000年 - 『鐘巻』
  • 2001年 - 『長柄』
  • 2007年 - 『自然居士
  • 2013年 - 『経盛』

主な新作能[編集]

  • 1999年 - 『蛙ケ沼』『当願暮頭』『渇水龍女』『額田王』
  • 2000年 - 『大阪城』
  • 2008年 - 『河勝』
  • 2012年 - 『生國魂』

受賞等[編集]

受賞[編集]

その他[編集]

役職[編集]

  • 公益社団法人能楽協会大阪支部支部長[1]
  • 大阪能楽養成会副会長
  • 公益財団法人文楽協会評議員
  • 大阪文化芸能国民健康保険組合理事長
  • 公益財団法人大槻能楽堂理事長

著書[編集]

  • 井沢元彦、大槻文蔵、森田拾史郎共著『平家物語の怪―能で読み解く源平盛衰記』1990年10月、世界文化社、ISBN 978-4418995363

脚注[編集]

関連項目[編集]