大樹連司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大樹 連司
(おおき れんじ)
ペンネーム 大樹 連司
(おおき れんじ)
誕生 前島 賢
(まえじま さとし)
(1982-08-08) 1982年8月8日(35歳)
日本の旗 日本茨城県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 国際基督教大学
活動期間 2007年 -
ジャンル ライトノベル
サイエンス・フィクション
代表作 『スマガ』シリーズ
『ボンクラーズ、ドントクライ』など
デビュー作 『ぼくらの〜alternative〜』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル
ポータル 文学

大樹 連司(おおき れんじ、1982年8月8日 - )は、日本小説家ライトノベル作家。茨城県出身[1]。本名の前島 賢名義ではライターとして活動[2]

略歴[編集]

自由の森学園高等学校[3]国際基督教大学教養学部卒業。

2000年よりNHK真剣10代しゃべり場』第1期レギュラー。

東浩紀が2003年12月~2005年1月にかけて発行していたメールマガジン「波状言論」編集スタッフを経て、2004年にライターデビュー[4][5]

2005年、ユリイカ増刊号『オタクVSサブカル!』(青土社)掲載評論「僕をオタクにしてくれなかった岡田斗司夫へ」にて文筆活動を開始。

2007年より大樹連司名義でライトノベル作家としても活動を始める。

2008年より数年にわたりドラゴンマガジンにてライトノベル紹介コラムを担当。

2014年10月よりeBookJapanにて連載「ラノベ漂流20年! 「前島賢の本棚晒し」」を開始。2017年3月に終了。

2016年、正体を明かした。

朝日新聞にて書評「エンタメ for around 20」を連載している。

人物[編集]

著作[編集]

オリジナル小説[編集]

  • 『勇者と探偵のゲーム』(2009年一迅社文庫
  • 『ほうかごのロケッティア』(2009年、小学館ガガガ文庫
  • 『星灼のイサナトリ』(2010年、一迅社文庫)
  • 『お嬢様のメイドくん』(2010年、一迅社文庫)
  • 『オブザデッド・マニアックス』(2011年、小学館ガガガ文庫)
  • 『ボンクラーズ、ドントクライ』(2012年、小学館ガガガ文庫)
  • 『おまえは私の聖剣です。』全3巻(2012年 - 2013年、GA文庫

ノベライズ[編集]

前島賢名義[編集]

  • セカイ系とは何か - ポスト・エヴァのオタク史』(2010年、ソフトバンク新書)

同人(文芸)[編集]

いずれも共著。

  • 『正常小説。』(2011年、ラノベ作家休憩所) - 「劇画・セカイ系」
  • 『中性小説。』(2012年、ラノベ作家休憩所) - 「学園都市DDR」
  • 『救世小説。』(2014年、ラノベ作家休憩所) - 「Unforgiven Stranger」

脚注[編集]

[ヘルプ]