大樽の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大樽の滝
Otaru Falls 02.JPG
位置 北緯33度31分2.15秒
東経133度14分38.52秒
所在地 高知県高岡郡越知町
落差 34m
水系 仁淀川支流大桐川水系大樽谷川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

大樽の滝(おおたるのたき)は高知県高岡郡越知町山室字大樽にある日本の滝百選に選定されている。

概要[編集]

仁淀川の支流の大桐川水系大樽谷川水域にある。今から4億年以上前の花崗岩で形成された岩肌を流れ落ちている。落差は34メートル。越知市街地の近郊にあり、水源の山は標高200メートル程度の低山である。

滝の名は大きなの水を撒いたように豪快に流れ落ちることに由来する。滝の上部には囲炉裏ヶ淵、中樽、上樽などの淵が点在し悲恋物語など伝説が残っており、囲炉裏ヶ淵には大蛇が棲んでいたとの伝承もある。

昭和31年(1956年横倉山県立自然公園の一部に指定された。滝の直下には橋が架けられており、ここから滝を眺めることが出来る。滝の前には「大樽自然塾」というログハウスが建っており有料で貸し出されている。

アクセス[編集]

周辺情報[編集]

参考文献[編集]

  • 現地案内板
  • 『日本の滝100選』 グリーンルネッサンス事務局/編、1991年、講談社
  • 『日本の滝② 西日本767滝』 北中康文/写真・文、2006年、山と渓谷社