大橋健典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大橋 健典
基本情報
本名 大橋健典
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1989-06-17) 1989年6月17日(30歳)
出身地 島根県出雲市
スタイルファイター
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 15
KO勝ち 10
敗け 5
引き分け 2
テンプレートを表示

大橋 健典おおはし たけのり1989年6月17日 - )は、日本男性プロボクサー島根県出雲市出身。第62代日本フェザー級王者。角海老宝石ボクシングジム所属。トレーナーは加藤良紀。

来歴[編集]

2009年10月23日、後楽園ホールで谷田部隆士とスーパーバンタム級4回戦を行い、2回2分30秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[1][2]

2010年9月27日、後楽園ホールで行われた第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級部門準決勝で河野洋佑と対戦し、4回3-0(40-36が2者、39-37)の判定勝ちを収め決勝進出を果たした[3][4]

2010年11月3日、後楽園ホールで行われた第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級部門決勝でコーチ義人と対戦し、プロ初黒星となる初回2分56秒KO負けを喫し東日本新人王の座を逃した[5]

2012年12月12日、後楽園ホールで三谷拓也とフェザー級8回戦を行い、8回2-0(77-76、77-75、77-77)の判定勝ちを収めた[6]

2013年4月26日、後楽園ホールで鈴木鹿平とフェザー級8回戦を行い、5回1分52秒TKO勝ちを収めた[7]

2013年10月5日、後楽園ホールで高橋謙太とフェザー級8回戦を行い、8回3-0(76-75、78-74、78-73)の判定勝ちを収めた[8]

2014年6月24日、後楽園ホールで瀬藤幹人とフェザー級8回戦を行い、8回0-0(77-77が2者、76-76)の判定で引き分けた[9]

2015年3月17日、後楽園ホールで行われた「エキサイトボクシング」で溜田剛士とフェザー級8回戦を行い、初回2分20秒TKO負けを喫した[10]

2015年12月17日、後楽園ホールで河野洋佑とフェザー級8回戦を行い、8回1-1(78-75、75-77、76-76)の判定で引き分けた[11]

2016年4月12日、後楽園ホールで渡邉義友とフェザー級8回戦を行い、8回2分14秒TKO勝ちを収めた[12]

2016年11月1日、後楽園ホールで荒木貴裕とフェザー級8回戦を行い、8回3-0(78-74が2者、78-75)の判定勝ちを収めた[13]

2017年3月4日、後楽園ホールで本吉豊とフェザー級8回戦を行い、3回58秒TKO勝ちを収めた[14]

2017年12月1日、後楽園ホールで行われた「A-sign.Bee9」で日本フェザー級王者の坂晃典と対戦し、5回3分6秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した[15]

2018年4月7日、後楽園ホールで行われた「第572回ダイナミックグローブ」で日本フェザー級1位の源大輝と対戦し、7回1分12秒TKO負けを喫し日本王座初防衛に失敗した[16]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング:25戦17勝(11KO)6敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2009年10月23日 5R 2R 2:30 TKO 谷田部 隆士 (湘南RYUJU) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2010年3月31日 4R 2:10 TKO 大橋 実 (三谷大和スポーツ) 日本の旗 日本 第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級予選
3 2010年5月21日 4R 0:54 TKO 友田 達也 (川崎新田) 日本の旗 日本 第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級予選
4 2010年8月3日 2R 2:00 KO 古川 真次 (厚木平野) 日本の旗 日本 第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級準々決勝
5 2010年9月27日 4R 判定3-0 河野 洋佑 (新日本木村) 日本の旗 日本 第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級準決勝
6 2010年11月3日 1R 2:56 KO コーチ 義人 (角海老宝石) 日本の旗 日本 第67回東日本新人王トーナメントスーパーバンタム級決勝
7 2011年5月7日 6R 判定2-0 今関 佑介 (花形) 日本の旗 日本
8 2011年7月5日 2R KO 柏原 広 (ヨネクラ) 日本の旗 日本
9 2011年12月2日 6R TKO 伊藤 圭太 (花形) 日本の旗 日本
10 2012年3月23日 3R 2:15 TKO 高橋 竜也 (ヤマグチ土浦) 日本の旗 日本
11 2012年7月24日 8R 判定1-2 洞平 勝賢 (シャイアン山本) 日本の旗 日本
12 2012年12月12日 8R 判定2-0 三谷 拓也 (セレス) 日本の旗 日本
13 2013年4月26日 5R 1:52 TKO 鈴木 鹿平 (E&Jカシアス) 日本の旗 日本
14 2013年10月5日 8R 判定3-0 高橋 謙太 (協栄) 日本の旗 日本
15 2014年6月24日 8R 判定0-0 瀬藤 幹人 (協栄) 日本の旗 日本
16 2015年3月17日 1R 2:20 TKO 溜田 剛士 (ヨネクラ) 日本の旗 日本
17 2015年12月17日 8R 判定1-1 河野 洋佑 (新日本木村) 日本の旗 日本
18 2016年4月12日 8R 2:14 TKO 渡邊 義友 (レイスポーツ) 日本の旗 日本
19 2016年11月1日 8R 判定3-0 荒木 貴裕 (極東) ロシアの旗 ロシア IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ
20 2017年3月4日 3R 0:58 TKO 本吉 豊 (reason) 日本の旗 日本
21 2017年12月1日 5R 3:06 KO 坂 晃典 (仲里) 日本の旗 日本 日本フェザー級タイトルマッチ
22 2018年4月7日 7R 1:12 TKO 源大輝 (ワタナベ) 日本の旗 日本 日本王座陥落
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ 2009年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2009年10月23日参照
  2. ^ 渡部がMVP レイジングバトル ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月24日
  3. ^ 2010年9月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2010年9月27日参照
  4. ^ 安慶名、堀らが不敗で決勝進出 東日本新人王準決勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月28日
  5. ^ 7戦全KO土屋MVP! 東日本新人王決勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月3日
  6. ^ 12月12日 後楽園ホール ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月12日
  7. ^ 4.26後楽園ホール ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月26日
  8. ^ 高山が判定でV2、前OPBF王者 小國も再起 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月5日
  9. ^ 天笠が楽勝V2、OPBFフェザー級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月24日
  10. ^ 土居コロニータ伸久、KO負けで37歳定年へ Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月17日
  11. ^ WBC5位の小國以載、タイ人に2回KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月17日
  12. ^ 松本晋太郎がOPBF・SM級新王者、村中優6回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月12日
  13. ^ 岡田博喜がV6、大差判定で細川バレンタイン下す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月1日
  14. ^ 岡田博喜がTKO勝ち、次の標的はOPBFかWBOアジア Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月4日
  15. ^ 大橋健典が日本Fe級新王者、坂晃典に5回KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月1日
  16. ^ 源大輝が日本Fe級新王者 母の命日にベルト奪取 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月7日

関連項目[編集]

前王者
坂晃典
第62代日本フェザー級王者

2017年12月1日 - 2018年4月7日

次王者
源大輝