大橋和孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

大橋 和孝(おおはし かずたか、1910年明治43年)6月4日[1][2] - 1986年昭和61年)7月7日[1][2][3])は、昭和期の医師政治家参議院議員、京都大橋総合病院長[1][2]医学博士[1]

経歴[編集]

愛知県[3]名古屋市で生まれる[1][2]。1937年(昭和12年)京都府立医科大学を卒業した[1][3]。同大副手、同助手を務め、その後に開業した[3]

京都府保険医協会理事、京都府医師会理事、同皮フ科医会理事、同結核医会理事、同労災医会理事、同公益法人医療機関協会理事、京都市会議員などを務めた[3]

1965年(昭和40年)7月の第7回参議院議員通常選挙京都府地方区から日本社会党公認で出馬して当選し[1][2][3][4]、1971年(昭和46年)6月の第9回通常選挙でも再選され[3][4]、参議院議員を連続2期務めた[1][2][3]。この間、参議院社会労働委員長、社会保障制度審議会(現社会保障審議会)委員、社会党京都府本部委員長、社会福祉法人和光会梅林園理事長などを務めた[1][2][3]

1974年(昭和49年)4月の京都府知事選では、現職の蜷川虎三の多選批判に加えて蜷川府政と共産党との緊密な関係に対し府本部から不満が噴出。大橋が公明党民社党からの推薦も受けて立候補する動きが表面化した。これに対して社会党本部は蜷川府政野党の公明・民社・自由民主党に対する利敵行為として大橋を除名、大橋は参議院議員を辞職[4]して蜷川に挑んだが敗れた[1][2]。しかし大橋の得票は蜷川のそれに対し僅差に迫り、加えて府本部のかなりの議員や党員が大橋支援に回ったりして京都府での社会党の勢力には決定的な打撃となった。

著作[編集]

  • 『ヨーロッパの医療保障』新興出版社、1967年。
  • 『福祉社会をめざして』たいまつ社、1970年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『新訂 政治家人名事典』118頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』124頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』269-270頁。
  4. ^ a b c 『国政選挙総覧 1947-2016』481頁。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』日外アソシエーツ、1988年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。