大橋敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大橋 敦子(おおはし あつこ、1924年4月18日 - 2014年2月21日)は、俳人

俳人大橋櫻坡子の長女として、母の生地福井県敦賀に生まれる。大阪府立清水谷高等女学校(現・大阪府立清水谷高等学校)卒。父に師事し、父没後の1972年、『雨月』の主宰を継承する。1979年句集『勾玉』で現代俳句女流賞受賞。『雨月』名誉主宰。俳人協会名誉会員。

2014年2月21日、心不全のため死去[1]。89歳没。

著書[編集]

  • 『句集 手鞠』雨月発行所 雨月叢書 1975
  • 『勾玉』牧羊社 現代俳句女流シリーズ 1979 のち俳句四季文庫
  • 『自註現代俳句シリーズ 大橋敦子集』俳人協会 1979
  • 『ペンの四季 随筆集』牧羊社 雨月叢書 1982
  • 『華甲』牧羊社 現代俳句女流シリーズ 雨月叢書 1984
  • 『大橋敦子 花神現代俳句』花神社、1996
  • 『葩餅』本阿弥書店 本阿弥女流俳句叢書 雨月叢書 1998
  • 『句集 天仰ぐ』角川書店 今日の俳句叢書、1998
  • 『俳句をより新しく 俳句上達講座』朝日新聞社 1999
  • 『句集 手鞠』ウエップ 2003年
  • 『句集 竜の落し子』角川書店 2007年
  • 『句集 凛々の生気』雨月叢書 角川平成俳句叢書 角川書店 2011年

脚注[編集]

参考[編集]

  • 『文藝年鑑』、2010年。ISBN 978-4-04-652133-0。