大正町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たいしょうちょう
大正町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
窪川町大正町十和村 → 四万十町
現在の自治体 四万十町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
幡多郡
団体コード 39422-0
面積 199.32km²
総人口 3,240
2003年
隣接自治体 四万十市佐賀町大方町十和村
窪川町檮原町
愛媛県鬼北町
大正町役場
所在地 786-0301
高知県幡多郡大正町田野々380
旧大正町役場
座標 北緯33度11分51.875秒
東経132度58分34.324秒
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大正町(たいしょうちょう)は、高知県にあった2006年3月20日窪川町十和村と合併し、四万十町となった。

隣接していた市町村[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、田野々村・瀬里村・四手ノ川村・下岡村・上岡村・宇津井川村・上宮村・北ノ川村・弘瀬村・市野又村・烏手村・相去村・折合村・芳川村・西ノ川村・大奈路村・中津川村・下津井村・下道村・小屋加内村・江師村・小石村の区域をもって東上山村が発足。
  • 1914年大正3年)1月1日 - 東上山村が改称して大正村となる。
  • 1947年昭和22年)8月1日 - 大正村が町制施行して大正町となる。
  • 2006年平成18年)3月20日 - 十和村高岡郡窪川町と合併して四万十町が発足。同日大正町廃止。
    • 同日、本町に属していた大字の内、四手ノ川は希ノ川に、田野々は大正にそれぞれ改称。大奈路、北ノ川、中津川は旧窪川町にも同名の大字が在ったことから「大正」を冠した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 住居表示の一部変更”. 四万十町. 2017年8月16日閲覧。

道路[編集]

道の駅

関連項目[編集]