大江麻衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大江 麻衣(おおえ まい、1983年 - )は、日本の現代詩人である。

経歴[編集]

三重県四日市市市出身、在住[1]愛知淑徳大学大学院文化創造研究科創造表現専攻を修了し、修士(学術)の学位を得る。大学院では文芸評論家清水良典に学び、そのころは小説を志していたが、親しい友人が詩作をしていたのがきっかけで、徐々に現代詩へも興味を持ち始めたという[2]。卒業後には夏休みのカルチャーセンターで荒川洋治に学んだ[2]2008年ごろから詩作を始め[2]2010年には私家版詩集『道の絵』が中原中也賞候補に挙がった。受賞には至らなかったものの選考委員の高橋源一郎に注目され、その高橋の推薦により、「昭和以降に恋愛はない(12の詩篇)」が『新潮』(2010年7月号)へと掲載され、商業誌にデビューした。彼女の作品について高橋は、「みんなが『書きたい詩』を書いている中で、大江さんは『書かれるべき詩』を書いたのだ、という思いが強い」と高く評価している[3]

受賞歴(候補含む)[編集]

詩集[編集]

  • 『道の絵』 (2009年、私家版詩集)
    • 19篇のうち12篇が「昭和以降に恋愛はない」として『新潮』第107巻第7号に掲載。
  • 『にせもの 鹿は人がいないところには行かない』 (2012年8月、紫陽社)
  • 『変化(へんげ)』 (2015年10月、マイナビ出版)

寄稿[編集]

詩作品
  • 新潮』2010年7月号 : 「昭和以降に恋愛はない」掲載
  • 現代詩手帖』(思潮社)2012年4月号 : 作品とエッセイ 寄稿
  • 『ユリイカ』2013年6月号 : 「黒塚」寄稿
  • 『ユリイカ』2014年4月号 : 「待乳山」寄稿
  • 『地上十センチ』 (第9号 詩誌) (和田まさ子/主宰、2015年2月) : 「テレビの犬」 寄稿
    • 現代詩手帖』2015年12月号 (現代詩年鑑2016) (思潮社、2015年12月) 「アンソロジー 2015年代表詩選140篇」 に再録。
  • 『現代詩100周年』(TOLTA、2015年10月) : 「鬼哭」寄稿
  • 文藝春秋』2016年4月号 : 「さる」寄稿
  • 『現代詩手帖』2016年8月号 : 「踏み絵」寄稿
  • 『現代詩手帖』2016年12月号 (現代詩年鑑2017) (思潮社、2016年12月) 「アンソロジー 2017年代表詩選140篇」 :「降雪」収録
  • 『ユリイカ』2017年8月号 : 「初瀬姫」寄稿
エッセイなど
  • ユリイカ』2013年5月号(青土社) : 「死に絵」(エッセイ)寄稿
  • 『なごや古本屋案内』 (シマウマ書房&鈴木創/編著、2013年10月、風媒社) : 「誰かの恋」(エッセイ) 寄稿
  • 群像』2014年10月号 : 「トレブリンカの入れ歯」(エッセイ)寄稿
  • 『季刊文科』68号(2016年4月、鳥影社) : 「再会」(エッセイ)寄稿
  • 『現代詩手帖』2017年1月号、10月、11月号: 「詩を生きる地」寄稿
  • 『現代詩手帖』2017年9月号 : 平田俊子『低反発枕草子』の書評 寄稿

記事[編集]

  • 「ツイッターが登場させた詩人」 : 『東京新聞』2010年6月10日夕刊「大波小波」

脚注[編集]