大沢一郎 (検事総長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大沢一郎
検事総長
任期
1973年2月2日 – 1975年1月25日
任命者 第2次田中角栄内閣
前任者 竹内壽平
後任者 布施健
個人情報
出生 1910年6月9日
大阪府
死亡 1986年9月12日(満76歳没)
母校 京都帝国大学法学部
専業 弁護士

大沢 一郎(大澤 一郎、おおさわ いちろう、1910年明治43年)6月9日 - 1986年昭和61年)9月12日[1])は、日本の検察官弁護士検事総長

経歴[編集]

大阪市出身[1][2]第四高等学校を経て[2]1932年、京都帝国大学法学部を卒業[1][2]。司法官試補となり[2]法務省矯正局長、大阪地方検察庁検事正最高検察庁刑事部長、法務事務次官、最高検次長検事東京高等検察庁検事長などを歴任[1][2]

1973年2月2日、検事総長に就任[3]。在任中、日教組ゼネスト事件、協同飼料株価不正操作事件[4]、石油ヤミカルテル事件などを指揮した[1]

1975年1月25日、検事総長を勇退し退官した[3][5]。その後、ロッキード事件偽証罪に問われた小佐野賢治の弁護団に加わった[3][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典』114頁。
  2. ^ a b c d e 『検事総長』162頁。
  3. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』572頁。
  4. ^ 『検事総長』164-165頁。
  5. ^ a b 『検事総長』169頁。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』日外アソシエーツ、1988年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 渡邉文幸『検事総長』〈中公新書ラクレ331〉中央公論新社、2009年。