大沢健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大沢 健夫(おおさわ たけお、1951年 - )は、日本数学者名古屋大学大学院多元数理科学研究科名誉教授。専攻は複素解析多変数関数論(特に複素解析幾何)。

来歴[編集]

1978年京都大学大学院理学研究科修士課程修了。理学博士京都大学数理解析研究所助教授を経て、名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授2000年日本数学会幾何学賞受賞。1990年のICMに招待講演者として招聘される。

有界擬凸領域 超平面 に対して 上の 正則関数はすべてΩ上の 正則関数として拡張可能であることを示した[1] (en:Ohsawa-Takegoshi theorem)。Goreski-MacPherson予想の部分的解決。

著書[編集]

  • 多変数複素解析 増補版, 岩波書店.
  • 岡潔/多変数関数論の建設, 現代数学社.
  • 現代複素解析への道標: レジェンドたちの射程, 現代数学社.

主な記事・論文[編集]

京都大学数理解析研究所講究録[編集]

数学 (日本数学会が発行)[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ohsawa, T.; Takegoshi, K. (1987). "On the extension of L2 holomorphic functions". Mathematische Zeitschrift. 195 (2): 197–204.