大沢樹生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おおさわ みきお
大沢 樹生
本名 大沢 樹生
生年月日 (1969-04-20) 1969年4月20日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 178cm
血液型 A型
職業 歌手俳優
活動期間 1982年 -
活動内容 1983年イーグルス
1987年光GENJI
配偶者 喜多嶋舞1996年 - 2005年
一般人(2008年 - )
事務所 ミキオオフィス
公式サイト https://mikio.co.jp/
テンプレートを表示

大沢 樹生(おおさわ みきお、1969年4月20日 - )は、日本俳優であり、イーグルス (ジャニーズ)光GENJIの元メンバーで愛称は「ミッキー」。東京都文京区本郷出身で、ほどなく江東区大島に転居。所属事務所である株式会社ミキオオフィスの代表取締役社長も務める。

人物[編集]

東京富士幼稚園、江東区立第四大島小学校、江東区立第二大島中学校江東区立第四大島中学校を経て、明治大学付属中野高等学校定時制中退、ウィッツ青山学園高等学校通信制卒業[1]

身長178cm、体重62kg、血液型A型。左利き。足のサイズ26.5cm

経歴[編集]

  • 姉が履歴書を送ったことで、小学校6年生の3学期だった1982年昭和57年)1月17日に行われたオーディションに合格し、ジャニーズ事務所に入所。同期生には元忍者正木慎也がいる。
  • 1983年(昭和58年)3月25日イーグルスのメンバーとしてレコードデビュー。しかし、同グループは後に自然消滅。その後は、NHKレッツゴーヤング』のレギュラーとなり、「サンデーズ」の一員として活動していた。
  • 1987年(昭和62年)8月19日内海光司と共に光GENJIのメンバーとして再びレコードデビューを果たす。デビュー当時18歳であったが、20歳と2歳年上にサバを読んでいた(その後すぐにしなくなる)。
  • 1994年平成6年)8月31日佐藤寛之と共に光GENJIを脱退、ジャニーズ事務所を退社。翌1995年(平成7年)に個人事務所「サクセス」と、ファンクラブ「MOST」を立ち上げた。俳優業の他に、ソロ歌手としてもシングルやアルバムを数枚リリースした。
  • 1996年(平成8年)に喜多嶋舞できちゃった結婚(妊娠3か月)するが、2005年(平成17年)9月20日に離婚。なお、息子の親権は喜多嶋側にあったが、2007年(平成19年)4月より大沢が親権を持った。2013年(平成25年)12月DNA型鑑定により大沢との父子確率0%が判明する[2]。再び喜多嶋側に親権が移るが[3]、喜多嶋が拒否したために内藤洋子に親権が渡る[4]
  • 2006年(平成18年)11月、自らが経営する芸能事務所・ドリームフォープロモーション(現:ミキオオフィス)を立ち上げた。
  • 2007年(平成19年)8月、初プロデュース作品「怪談牡丹灯篭もっともっと愛されたかった」公開。
  • 2008年(平成20年)4月26日、15歳年下の一般人女性と再婚[5]。そして同年6月にアパレルブランド「STREET STAR」を立ち上げた。
  • 2008年(平成20年)11月、自叙伝「昨夜未明、大沢樹生が死にました…」(カンゼン刊)を出版。
  • 2009年(平成21年)7月21日、日本テレビ系「有名人が集まる結婚相談所」に妻と出演。山本淳一がサプライズで登場。約15年ぶりに光GENJIメンバーとのTV共演となった。
  • 2010年(平成22年)『水戸黄門』第41部で、レギュラー出演(虚空無幻斎 役)。
  • 2010年(平成22年)8月、第2弾プロデュース作品『捜査線 LINE OVER』公開。
  • 2011年(平成23年)5月25日、「東京ジョー」のアーティスト名で、約10年ぶりにシングル「ガキの戯言」を発売。
  • 2012年(平成24年)5月12日、『メレンゲの気持ち』で、夫人が不妊治療により受胎、出産予定日は10月と公表する。後刻、胎児異常により妊娠継続は困難と医師に診断され、5月24日に死産したことを6月公式ブログにて公表する。
  • 2013年(平成25年)12月10日付の公式ブログにて、夫人が妊娠10ヶ月であることを公表する[6]
  • 2014年(平成26年)1月13日に女児が誕生したことを、同年2月1日付の公式ブログにて明かす[7]

エピソード[編集]

少年時代[編集]

  • 音楽の授業で歌のテストのとき課題とは違う「かえるのうた」を歌うなど少年時代から個性が強かった。

光GENJI(ジャニーズ時代)に関して[編集]

  • 自ら「目で殺す」、「目殺師」と言うくらいの鋭い目つき(ロゴマークとして自らイラスト化したものをたびたび描いている)と、長身にきりっとした顔立ちで「正統派二枚目」と呼ばれていた。このキャラクターを活かして、欧米人、狼男悪役などの役をこなしている。
  • 光GENJI所属時代のイメージカラーは紫色。
  • 連続バク転ローラースケートを履いたままのバク転など、高い運動神経を誇っている。
  • 諸星和己とは不仲説も噂されたが、実際はグループの中で特に一番仲が良い。(二人で旅行に行くこともある)
  • 近年、光GENJIや同時期に活動していた忍者の元メンバーとの交流が増えている(公開されているだけでも諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、正木慎也など)。
  • 2007年赤坂晃覚醒剤取締法違反により逮捕された時には、拘留されていた大塚警察署へ赤坂宛てに本と手紙を差し入れた。そのことに関しては、「君は一人じゃないんだ、という気持ちが伝わってくれればよかった」と後に語っている[8]
  • 光GENJIについては「宝物ですね。光GENJIがあったから今の自分があるのは紛れも無い事実です。だからもう、むやみに宝箱を開けたくないんですよ」と後に語っている[9]
  • 「(光GENJI)脱退の決断は、いまだに人生でいちばん勇気が必要だった出来事」「自分の人生をかけた決断」とも語っている[10][11]
  • 脱退の理由については、「俳優として何も基礎がない自分が主役を張って、キャリアもテクニックもある俳優さんが脇役でいることにコンプレックスを感じるようになった」「このままここにいたら、自分が目指している方向性のものは永遠に出来ないかもしれない」と、ただ売れたというだけでアイドルが実力者より優遇されてしまっていること、光GENJIが次第にアーティストとしての成長をしなくなり、かつての成功例を繰り返すだけになってしまったこと、また、自分の小さな活動の希望ですら押さえつけられずっと行動を制限されたこと等に対し、将来の危機感を持った上での決断であった旨が自叙伝で語られている。ただ、結果として「脱退」という選択肢が必ずしもベストなやり方だったとは言えない旨も語られている[12]

所属事務所の変遷[編集]

ジャニーズ事務所 → 個人事務所「サクセス」(フロム・ファーストプロダクション傘下。1995年4月1日設立。) → フロム・ファーストプロダクション(2006年10月に退社) → 個人事務所「ドリームフォープロモーション」(2015年に「ミキオオフィス」に名称変更。)

ジャニーズ時代の参加ユニット[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組など[編集]

など、ゲスト出演多数

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • あばよ白書1995年) - 主演・島野航
  • 悪名伝 (1996年) - 主演・藤沢一生
  • DOG FIGHT 野良犬たちの挽歌(2000年) - トシ(チンピラ)
  • 実録 土佐游侠外伝 鯨道〜青春篇(2000年)
    • 実録 土佐游侠外伝 鯨道〜抗争・完結篇(2000年)
  • 実録 山陽道やくざ戦争 手打ち破り(2001年) - 主演・三代目山王会若頭補佐 武田組組長 武田力也
  • 実録 東北やくざ戦争 覇桜の道(2003年) - 主演・阿藤儀一
  • 野良犬(2003年) - 主演・流十三(凄腕の浪人)[13]
  • 実録 竹中正久の生涯〜荒らぶる獅子 外伝2004年、GPミュージアムソフト) - 竹中組系組員 清水(ヒットマン)
  • 鬼哭 kikoku(2004年)
  • メール in the site(2004年)
  • 海賊仁義(2005年) - 正彦(荒巻組組長佐伯の息子)
  • 実録 新選組シリーズ(2006年、監督:辻裕之) - 沖田総司
  • 龍が如く〜序章〜(2006年) - 錦山彰
  • 修羅の軍団(2006年)
    • 修羅の軍団 完結編(2006年)
  • 実録・九州やくざ抗争 誠への道(2006年) - 主演・村富一家組員 浪岡政浩
    • 実録・九州やくざ抗争 誠への道 完結編(2007年
  • 実録 大日本菊水会 双龍伝(2007年) - 大日本菊水会 中村一議
    • 実録・大日本菊水会 双龍伝 完結編(2007年)
  • 実録・四国やくざ戦争 血戦 松山抗争勃発篇(2007年) - 主演・渡邊組柳組幹部 上田満州蔵
    • 実録・四国やくざ戦争 血戦 松山抗争終結編(2007年)
  • 実録・国粋 竜侠(2007年)
  • 実録・鯨道 青春編(2007年)
    • 実録・鯨道 抗争完結編(2007年)
  • 関西極道 流血の抗争史 侠客の刃編(2008年) - 主演・真剛連合幹部 城崎
    • 関西極道 流血の抗争史 哀愁の刃編(2008年)
  • 太陽が弾ける日(2008年)全2作 - RENZO
  • 住越・浜野政吉 列侠(2009年
  • 実説・沖縄ヤクザ抗争 いくさ世(ゆ) アシバー 上原勇一(2009年) - 主演・上原勇一
    • 実説・沖縄ヤクザ抗争 いくさ世(ゆ) アシバー 上原勇一 完結編(2009年)
  • 新・修羅の軍団(2010年
    • 新・修羅の軍団2(2010年)
  • アンダーグラウンド(2011年) - 主演・佐倉
  • 伝説になった男たち(2012年) - 健十郎
  • 汚れた紋章(バッジ)(2013年)
  • フラワー(2013年) - 主演・フラワー
  • 破門組(2015年)
  • KYOTO BLACK 黒のサムライ(2015年) - 右翼団体行動隊長 南畑孝博
  • 首領の道 Season2(2015年)
  • CONFLICT 最大の抗争(2016年) - 槙野甲介
  • 頂点(2017年) - マフィアのボス 村雨
  • 双頭の龍(2017年) - 主演・花幸一家 武田龍心
  • 極道天下布武(2017年) - 甘倉組若衆 明石光秀
  • 日本統一 - 丸神会 鶴見
  • 我王伝(2018年) - 松本アニマルクリニック院長 松本一心
  • 極道黙示録 第三章(2018年)
  • 組織を震撼させた男(2019年) - 室丘組 遠藤京介

舞台[編集]

  • セツァンの善人(1996年5月、銀座セゾン劇場)
  • 罠(1999年10月、パルコ劇場)
  • 赤ひげ(2000年9月、名古屋御園座)
  • GOD SPELL(2001年12月、ル・テアトル銀座)
  • 赤ひげ(2002年4月、博多座)
  • MASK of LOVE(2003年9月)
  • ミュージカル「エディット・ピアフ」(2004年6月、アートスフィアシアター・ドラマシティ
  • GODSPELL(2005年9月22日 - 10月2日、東京芸術劇場・中ホール)
  • 夢・歌舞伎町物語(2006年5月17日 - 21日、新宿コマ劇場前「シネシティー広場」から「シアターアプル」への移動演劇)
  • ちはやぶる神の国〜異聞・本能寺の変〜(2010年6月2日 - 6日、俳優座劇場) - 織田信長 役
  • 美童浪漫大活劇 八犬伝<第二部>(2010年12月8日 - 15日、品川六行会ホール) - 織田信長 役

プロモーションビデオ[編集]

イベント[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル
1 1995年5月25日 悲しみの華を散らして
2 1995年11月25日 エンジェルオーガズム
3 1996年6月26日 六本木製少年
4 1996年11月25日 I'm Junk!
5 1997年6月25日 Free mAn
6 1998年7月1日 真夏の風
7 2011年5月25日 ガキの戯言
(東京ジョー名義)

アルバム[編集]

発売日 タイトル
1 1995年7月26日 Pierrot Pazzo
2 1996年12月21日 4 CROWS
3 1997年7月24日 Rock FooD
4 1998年7月23日 M・ISM

写真集[編集]

  • Trip(1995年6月、ぶんか社、ヌード写真集)ISBN 978-4821120505

書籍[編集]

  • 硬派(1990年、集英社)ISBN 978-4087801224
光GENJI全集第2巻。1990年9月21日発売。
  • 昨夜未明、大沢樹生が死にました… (2008年11月、カンゼン)ISBN 978-4862550255

脚注[編集]

  1. ^ 公式ブログ3月23日「余震が不安・・・」より
  2. ^ 大沢樹生、息子に鑑定結果「伝えてない」 本当の父親「こちらが聞きたい」
  3. ^ 大沢樹生 16歳長男との父子確率0%
  4. ^ 週刊女性1月7・14日合併号より
  5. ^ 俳優大沢樹生さん腹壁破裂(4)人を励ます役者へ夢応援読売新聞、2011年12月1日
  6. ^ 公式ブログ12月10日「本日の一部スポーツ紙の報道に付きまして。」より
  7. ^ 公式ブログ2月1日「ファンの皆様、読者の皆様へ。」より
  8. ^ 自叙伝『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』
  9. ^ 〜遠隔操作バラエティ〜ウドで訊く!(2008年7月30日放送)
  10. ^ DHC「みんな、げんき?」(2009年12月号)
  11. ^ 自叙伝『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』
  12. ^ 自叙伝『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』
  13. ^ ミュージアム初の時代劇。
  14. ^ セクシー女優のトップたちが一堂に会した『DMM.R18アダルトアワード2017』果たして真のNo.1は誰だったのか!?”. デラべっぴんR (2017年4月24日). 2017年4月26日閲覧。