大沢知宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大沢 知宏 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム おおさわ ともひろ
ラテン文字 Tomohiro Osawa
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
大学 早稲田大学
生年月日 (1969-04-02) 1969年4月2日
出身地 埼玉県
没年月日 (2016-04-06) 2016年4月6日(47歳没)
死没地 東京都豊島区
成績
国内大会決勝 日本選手権
100m 2位 (1988年)
自己ベスト
100m 10秒44 (1987年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

大沢 知宏(おおさわ ともひろ、1969年4月2日 - 2016年4月6日)は、埼玉県出身の元陸上競技選手・元陸上競技指導者。1988年ソウルオリンピック日本代表

経歴[編集]

中学時代は野球部に所属。松山高等学校入学後に陸上に転向した[1]

高校2年時にインターハイ男子100mで3位。3年時のインターハイ男子100mでは、ディフェンディングチャンピオンの名倉雅弥、高校生ながら男子100mの日本記録手動計時)を樹立していた中道貴之を抑えて優勝した。更にアンカーを務めた男子4×100mリレーも優勝に貢献し、男子100mとの大会2冠を達成。総合優勝に貢献し、最優秀選手賞に選出された[1]

早稲田大学時代には、1年時の1988年に日本選手権男子100mで2位に入り、ソウルオリンピック日本代表に選出[1]。大会では男子100mに出場を果たしたが、1次予選で敗退した。

大学で競技生活を終了し、卒業後は一般企業に勤めたが、週末には母校の早稲大学で陸上競技部短距離コーチを務めた。コーチ退任後は家業の牛乳製造販売に専念した[1]

2016年の年明けから体調を崩すと、膵臓癌と判明してから2ヶ月も経たず、2016年4月6日に東京都豊島区の病院で亡くなった。47歳没[1][2]

主要大会成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考 脚注
1986 第1回アジアジュニア選手権 (en インドネシアの旗 ジャカルタ 4x100mR 2位 40秒46 (1走) [3]
1988 第24回オリンピック 大韓民国の旗 ソウル 100m 1次予選 10秒71 (+1.4) [4]
1991 第16回ユニバーシアード (en イギリスの旗 シェフィールド 100m 2次予選 10秒68 (+1.6)
4x100mR 予選 40秒69 (2走)

日本選手権[編集]

  • 1988年までは6位以内、1989年以降は8位以内の成績を収めた大会を記載
大会 種目 結果 記録 備考 脚注
1988 第72回日本選手権 100m 2位 10秒60 (-1.0) [5]
1991 第75回日本選手権 100m 8位 10秒58 (0.0)

獲得タイトル[編集]

  • 優勝した主要大会を記載
大会 種目 記録 備考 脚注
1987 第30回全日本ジュニア選抜 100m 10秒87 (-1.9) [6]
200m 21秒39 (-2.6)
第40回インターハイ 100m 10秒90 (-3.1)
4x100mR 41秒01 (4走)
第42回国民体育大会 100m 10秒19 (+2.7) 少年A

日本ランキング[編集]

  • 10位以内に入った記録を記載
種目 ランク 記録 所属 脚注
1987 100m (電動) 3位 10秒44 松山高等学校 [7]
100m (手動&電動) 4位 10秒3
200m (電動) 10位 21秒31
1988 100m (電動) 10位 10秒52 早稲田大学

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「NEWSフラッシュ」、『月刊陸上競技』第50巻第6号、講談社、2016年5月号、 91頁。
  2. ^ ソウル五輪代表 陸上男子短距離の大沢知宏氏死去 47歳”. スポーツニッポン (2016年4月8日). 2018年2月19日閲覧。
  3. ^ ASIAN JUNIOR CHAMPIONSHIPS / 1986 Djakarta”. WORLD JUNIOR ATHLETICS HISTORY. 2013年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月19日閲覧。
  4. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 国際競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 1061-1123頁。
  5. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 日本選手権大会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 869-946頁。
  6. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 主要国内競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 947-1060頁。
  7. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「年度別日本10傑」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 739-868頁。