大河内一楼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大河内 一楼
プロフィール
誕生日 (1968-03-28) 1968年3月28日(52歳)
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
テンプレートを表示

大河内 一楼(おおこうち いちろう、1968年昭和43年)3月28日[1] - )は、宮城県仙台市出身の脚本家小説家早稲田大学人間科学部卒業


経歴[編集]

早稲田大学在学中に富士見書房ドラゴンマガジン編集部にてアルバイトを始めたのがきっかけでこの世界に入る[2](元々はアニメ業界を目指していた訳ではないとのこと[3])。

3年間の編集アルバイトを経てフリーライターとなり、ゲームの攻略本のライター等を経験後、『少女革命ウテナ』の小説を執筆し小説家としてデビュー。 その後、サンライズから『∀ガンダム』の脚本を執筆してみないかと誘われ、アニメの脚本、シリーズ構成等を手がけるようになった[4]。 代表作は『∀ガンダム』『OVERMANキングゲイナー』『プラネテス』『コードギアス 反逆のルルーシュ』など。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』で副シリーズ構成を努めた吉野弘幸は学生時代の友人[4]。一番影響を受けた先達の脚本家は、星山博之であり『∀ガンダム』で星山の書いたシナリオを100回以上読んでアニメのシナリオの書き方を学んだという。

主な作品[編集]

アニメーション[編集]

小説[編集]

ゲーム[編集]

受賞歴[編集]

1999年(平成11年)
  • 第4回アニメーション神戸作品賞『∀ガンダム』(脚本)
2001年(平成13年)
2002年(平成14年)
  • 平成14年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『∀ガンダム』(脚本)
  • 第7回アニメーション神戸作品賞『ラーゼフォン』(脚本)
  • 東京国際アニメフェア2003優秀作品賞『OVERMANキングゲイナー』(シリーズ構成)
  • 平成14年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『OVERMANキングゲイナー』(シリーズ構成)
2003年(平成15年)
  • 東京国際アニメフェア2003脚本賞(個人賞)
  • 第36回星雲賞『プラネテス』(全話脚本)
2005年(平成17年)
  • 東京国際アニメフェア2006優秀作品賞『交響詩篇エウレカセブン』(脚本)
  • 平成17年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『交響詩篇エウレカセブン』(脚本)
2006年(平成18年)
  • 第30回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞『ブレイブストーリー』(脚本)
  • 平成18年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『ブレイブストーリー』(脚本)
2007年(平成19年)
  • 第12回アニメーション神戸作品賞『コードギアス 反逆のルルーシュ』(ストーリー原案/シリーズ構成)
  • 東京国際アニメフェア2007優秀作品賞『コードギアス 反逆のルルーシュ』(ストーリー原案/シリーズ構成)
  • 平成19年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『コードギアス 反逆のルルーシュ』(ストーリー原案/シリーズ構成)
2008年(平成20年)
  • 第13回アニメーション神戸作品賞受賞『コードギアス 反逆のルルーシュR2』(ストーリー原案/シリーズ構成)
  • 平成20年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『コードギアス 反逆のルルーシュR2』(ストーリー原案/シリーズ構成)
  • 東京国際アニメフェア2008優秀作品賞『コードギアス 反逆のルルーシュR2』(ストーリー原案/シリーズ構成)
  • 東京国際アニメフェア2008脚本賞(個人賞)
2012年(平成24年)
  • Oregon Film Awards銀賞 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』(脚本)
  • 第21回セントルイス映画祭 長編コンペティション部門選出 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』(脚本)
  • カナダ・ファンタジア国際映画祭 正式招待作品選出 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』(脚本)
  • アヌシー国際映画祭長編コンペ部門アウトオブコンペ作品選出 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』(脚本)
  • 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品 映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』(脚本)
  • 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品  映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略』(脚本)
2013年(平成25年)
  • アヌシー国際映画祭長編コンペ部門ノミネート 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』(脚本)
  • 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』(脚本)
2014年(平成26年)
  • カナダ・ファンタジア映画祭今敏賞(Satoshi Kon Award)受賞 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』(脚本)
  • VFX-JAPANアワード2014「劇場公開アニメーション映画部門」優秀賞 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』(脚本)
2016年(平成28年)
  • ニュータイプアニメアワード作品賞(テレビ放送作品) 『甲鉄城のカバネリ』(シリーズ構成/脚本)
  • ニュータイプアニメアワード脚本賞
 2017年(平成29年)
  • 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『甲鉄城のカバネリ』(シリーズ構成/脚本)
2019年(平成31年/令和元年)
  • 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『DEVILMAN crybaby』(全話脚本)
  •  Crunchyrollアニメアワード2019『DEVILMAN crybaby』(全話脚本)
2020年(令和2年)
  • 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』(構成)
  • アヌシー国際映画祭長編コンペ部門ノミネート 映画『ぼくらの7日間戦争』(脚本)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 渋谷アニメランド
  2. ^ シリーズ構成・大河内一楼編 第1回 分岐点の大学5年”. 『コードギアス』への道. 『コードギアス』関連オフィシャルブログ (2006年8月4日). 2012年12月15日閲覧。
  3. ^ ドクトルF (2006年3月28日). “大河内一楼氏インタビュー”. アミューズメントメディア総合学院 - 東京校. 2012年12月15日閲覧。
  4. ^ a b シリーズ構成・大河内一楼編 第4回 初シナリオと初シリーズ構成”. 『コードギアス』への道. 『コードギアス』関連オフィシャルブログ (2006年8月15日). 2012年12月15日閲覧。
  5. ^ プラネテス : 作品情報”. アニメハック. 2020年10月4日閲覧。