大河内了悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大河内 了悟(おおこうち りょうご、1897年 - 1976年)は、浄土真宗の僧、仏教学者。

愛知県西尾生まれ。号は虚洞。1925年大谷大学研究科を卒業し、擬講となる。大谷大学教授を経て、東本願寺侍薫寮出仕となる。教学委員を務め、岡崎女子短期大学教授。[1]

著書[編集]

  • 『十二光講讃』法蔵館 真宗講座 1936
  • 歎異鈔に依りて』法蔵館 真宗講座 1936
  • 『仏教生活叢書 10 本願の宗教』法蔵館 1941
  • 『仰せに聞く』法蔵館 1961
  • 『親鸞に導かれて』大谷出版社 1961
  • 『昭和仏教全集 生きてよし,死してよし 大河内了悟集』教育新潮社 1962
  • 悪人正機 大河内了悟集』教育新潮社 現代真宗名講話全集 1966
  • 『真宗学原論』教育新潮社 1973

共編著[編集]

  • 清沢満之先生のことば 生誕百年記念出版』佐々木蓮麿共編 永田文昌堂 1963
  • 『我、他力の救済を念ずるとき 清沢満之に学ぶ』寺川俊昭共著 東本願寺出版部 同朋選書 1980

[編集]

  1. ^ 銅像