大河内輝声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大河内輝声

大河内 輝声(おおこうち てるな、嘉永元年10月15日1848年11月10日) - 明治15年(1882年8月15日グレゴリオ暦))は、幕末の上野国高崎藩の最後の藩主。高崎藩大河内松平家11代。はじめ松平姓を称した。

経歴[編集]

第9代藩主松平輝聴の長男。母は堀田正睦の娘。幼名は恭三郎。ははじめ輝照輝聲(てるあき)と称する。正室は酒井忠発の娘。継室は杉原氏。子は大河内輝耕(長男、妻は徳川慶喜の八女・国子)、戸田氏秀(四男)、娘(浅野長之継室)、娘(内藤頼輔正室)。庶子に横浜事件の検挙者の一人大河内光孝がいる。

安政6年(1859年)12月15日、将軍徳川家茂に拝謁する。万延元年(1860年)8月24日、家督を継ぐ。文久2年(1862年)12月11日、従五位下右京亮に叙任される。元治元年(1864年)、天狗党の鎮圧を命じられ、11月16日に下仁田で高崎藩兵と天狗党が戦うが、36名の死者を出して敗走する。慶応2年(1866年)、藩政・軍政の近代化を始め、農兵を募って「強心隊」を結成した。8月5日、甲府城代を命じられる。慶応3年(1867年)9月6日、奏者番に就任した。同年10月29日、陸軍奉行並に就任した。慶応4年(1868年)1月20日、辞任する。同年閏4月4日、上洛する。

慶応4年(1868年)4月、松平姓を改め、本姓の大河内に復する。翌年高崎藩知事に任ぜられる。明治4年(1871年)に廃藩置県を迎えた。その後、大学南校で英語を学び、東京に英学校を設立した。

漢学的教養による中国文化愛好者としても知られ、日本に赴任した国公使・何如璋との交流の記録は『大河内文書』(平凡社東洋文庫として公刊)に述べられている。

関連項目[編集]