大河原良雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大河原 良雄(おおかわら よしお、1919年2月5日 - 2018年3月29日)は、日本外交官外務省官僚。駐米大使、駐豪大使、世界平和研究所理事長などの重職を歴任した。東京帝国大学卒。紺綬褒章受章者。

略歴 [編集]

群馬県安中市出身で大河原太一郎は同郷[1]。秀才として鳴らし、埼玉県立浦和中学校(現在の埼玉県立浦和高等学校)、第一高等学校東京帝国大学法学部を出た。1942年に外務省入省後、海軍経理学校を経てラバウル赴任。戦後は外務省に復職し、アメリカ局長、官房長、駐オーストラリア大使などを経て1980年、駐アメリカ合衆国大使に就任。1985年まで務めた。事務次官を経ずに駐米大使に就任するのは比較的異例だったが[2]、大河原自身はほぼ一貫して日米外交に携わってきた人物である。同県出身の中曽根康弘の盟友としても知られ、いわゆる「ロン・ヤス」時代の日米関係を支えた。

ほかに、公益財団法人YFU日本国際交流財団理事長、日米協会会長、経団連特別顧問、日米交流150年委員会委員長、本田技研工業取締役、パシフィックフォーラム CSIS理事などを歴任した。赤門学友会では葛西敬之明石康牛尾治朗有馬朗人米倉弘昌らとともに顧問を務めている[3]。現在は東京都世田谷区在住。郷土愛に篤く、2012年度には安中市にふるさと納税をした[4]。安中市功労者・善行者表彰を受けたこともある。

2018年3月29日、肺がんのため99歳で死去[5]

著書・論文[編集]

  • 『日本の品格』
  • 『日米外交』

主な出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 既に選挙モードに突入した岡田義弘・安中市長の来年4月に向けた戦略とは(その2) 市政をひらく安中市民の会
  2. ^ 戦後から90年代に至るまで、朝海浩一郎、安川壮など少数の例があるに過ぎない
  3. ^ 東京大学/赤門学友会/赤門会
  4. ^ 安中市ホームページ
  5. ^ 元駐米大使 大河原良雄氏 死去 日米関係の構築に尽力 NHKニュース、2018年4月6日