大沼公園インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:インターチェンジ・本線料金所施設の画像提供をお願いします。2016年3月
大沼公園インターチェンジ
所属路線 E5 道央自動車道
IC番号 6
本線標識の表記 国道5号標識 大沼公園 七飯 函館
起点からの距離 272.4 km(札幌JCT起点)
森IC (9.7 km)
(10.0 km) 七飯IC(事業中)
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
北海道道149号標識
北海道道149号大沼公園インター線
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
北海道道843号標識
北海道道843号宿野辺保養基地線
供用開始日 2012年11月10日
通行台数 2,900台/日(開通後1年間の平均交通量[1]
所在地 049-2142
北海道茅部郡森町赤井川
備考 供用前の仮称は「大沼」[2]
テンプレートを表示
大沼公園本線料金所
所属路線 E5 道央自動車道
料金所番号 05-020
供用開始日 2012年11月10日
所在地 北海道茅部郡森町
テンプレートを表示

大沼公園インターチェンジ(おおぬまこうえんインターチェンジ)は、北海道茅部郡森町赤井川にある道央自動車道インターチェンジ亀田郡七飯町との境界付近に位置している。

東日本高速道路(NEXCO 東日本)管轄区間の最終ICとなり、本線上に大沼公園本線料金所を設置している[3]。なお、大沼公園IC - 七飯IC間は国土交通省北海道開発局の管轄区間(無料区間)として整備する予定である[4]

歴史[編集]

周辺[編集]

大沼国定公園に近接している。

接続する道路[編集]

[編集]

E5 道央自動車道
(7)森IC - (6)大沼公園IC/TB - 七飯IC(事業中)

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ ハイウェイウォーカー北海道版2018年11月号においては従来の番号が記載[8]、2018年12月号では新しい番号が記載されている[9]

出典[編集]

  1. ^ 道央自動車道(大沼公園IC〜森IC) 開通後1年間の交通状況について (PDF)”. 国土交通省北海道開発局東日本高速道路北海道支社. 2014年9月17日閲覧。
  2. ^ “道東自動車道・道央自動車道の開通見通しについて” (プレスリリース), 東日本高速道路(NEXCO東日本), (2010年9月30日), http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h22/0930b/ 2014年9月28日閲覧。 
  3. ^ 本線料金所を設置している箇所(NEXCO東日本)”. 東日本高速道路(NEXCO東日本). 2015年11月23日閲覧。
  4. ^ 国土開発幹線自動車道 北海道縦貫自動車道”. 国土交通省北海道開発局 函館開発建設部. 2014年9月17日閲覧。
  5. ^ 第2回国土開発幹線自動車道建設会議について”. 国土開発幹線自動車道建設会議. 国土交通省 (2006年2月7日). 2014年9月19日閲覧。
  6. ^ “道縦貫道七飯ー大沼間が16年度着工へ - 総工費730億円”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2014年5月29日). http://e-kensin.net/news/article/8128.html 2014年9月17日閲覧。 
  7. ^ 道央道 大沼公園IC〜森IC”. 東日本高速道路(NEXCO 東日本). 2014年9月17日閲覧。
  8. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 11月号(No.38) 北海道エリアマップ (PDF)”. NEXCO東日本. 2019年9月29日閲覧。
  9. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 12月号(No.39) 北海道エリアマップ (PDF)”. NEXCO東日本. 2019年9月29日閲覧。

関連項目[編集]