大泉健斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおいずみ けんと
大泉 健斗
プロフィール
愛称 イズミ
だいせん[1][2]
けんとりん[1][3]
出身地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-02-20) 1994年2月20日(25歳)
最終学歴 立教大学現代心理学部映像身体学科
勤務局 ニッポン放送
所属事務所 ミックスゾーン
部署 スポーツ部
職歴 読売広告社(2016年4月- 2017年5月)
ニッポン放送(2017年6月 - )
活動期間 2017年 - 現在
ジャンル スポーツ
担当番組・活動
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

大泉 健斗(おおいずみ けんと、1994年2月20日 - )は、ニッポン放送スポーツ部のアナウンサー

来歴[編集]

東京都出身。小学校1年時の2000年9月24日、読売ジャイアンツ×中日ドラゴンズ戦での江藤智二岡智宏の逆転サヨナラ優勝胴上げをテレビ中継を見て野球に憧れ、小学校3年時から近所の少年野球チーム加入し競技を開始[1]墨田区立両国中学校淑徳巣鴨高等学校時代は野球部でプレーし、立教大学に進学し、硬式野球部に所属。外野手であったが、4軍扱いだったため、田中和基(現:東北楽天)のサポートメンバーをしていた。また、同級生にオリックス・バファローズ大城滉二がいる[4]

2016年3月、 同大学現代心理学部映像身体学科[5]卒業、同年4月、読売広告社に入社[6]

しかし、前述のスポーツを実況する仕事への憧れが忘れられず、アナウンサー職を志しテレビ朝日アスクに通いながらアナウンス技術を学び[7]、地方局所属の女性アナウンサーの知人を介して現在の先輩である松本秀夫を紹介して貰いアドバイスを乞いに訪ね、アナウンサー受験の薦めを貰った[1]。以後、第2新卒扱いで就職活動に臨み、ニッポン放送への採用が内定したため、2017年5月31日付で読売広告社を退職し、翌6月1日付で、アナウンサーとしてニッポン放送へ入社。

ニッポン放送では、アナウンサー研修を経て、2017年7月からプロ野球中継の途中経過リポートを担当。10月5日の埼玉西武ライオンズ×北海道日本ハムファイターズ戦中継(メットライフドーム)で、ベンチリポートを初めて担当し、2018年5月9日の西武×福岡ソフトバンクホークス戦中継(メットライフドーム)で予備カード扱いの実況中継デビュー。この試合の8回表に内川聖一NPB一軍公式戦通算2000本安打達成の瞬間を伝えた音源が、当日の『ショウアップナイターハイライト』で流された。同年7月12日のフレッシュオールスターにてショウアップナイターの初実況を担当し[8]、同年9月18日のニッポン放送ショウアップナイター・西武×日本ハムにて、正式にニッポン放送での実況デビューを果たした[9]。 2019年9月24日には、ZOZOマリンスタジアムにて、埼玉西武ライオンズの優勝実況も担当した。

人物[編集]

  • 立教大野球部時代は送球イップスに陥り、満足なプレーが出来ず前述の4軍所属にも繋がった。4年時に何とかイップスを克服して3軍に上がった。[1]
  • 大学1年時に、野球部の練習が辛く、退部しようか迷っていた際、心の支えになったのがももいろクローバーZで、アイドルらしからぬパフォーマンスに魅了され所謂「モノノフ」となり[1]佐々木彩夏推しである事を入社後も公言している。

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]