大津英敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

大津 英敏(おおつ えいびん、1943年 - )は、日本の洋画家日本芸術院会員、多摩美術大学名誉教授、独立美術協会会員。

学歴[編集]

東京藝術大学大学院 油画科

人物[編集]

学生時代は山口薫に師事。1970年代には『毬シリーズ』と呼ばれる幻想的な作品を制作していた[1]1979年の渡仏後、2人の娘を彼女をモデルにした『少女シリーズ』を描きはじめる。現在も家族を題材にした淡い色調の作品が多いが、風景画にも取り組んでいる。作風にはバルテュスの影響があるといわれている。また渋谷駅構内にはステンドグラスを使った壁画作品が設置されている[2]

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第28回損保ジャパン東郷青児美術館受賞記念大津英敏展”. 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館. 2020年2月6日閲覧。
  2. ^ 東京メトロ 渋谷駅「海からのかおり」”. 日本交通文化協会. 2020年2月6日閲覧。

関連項目[編集]