大津郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口県大津郡の位置

大津郡(おおつぐん)は、山口県長門国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の長門市にあたる。

歴史[編集]

寛文4年(1664年)に見島郡が分立した。

近世以降の沿革[編集]

三隅上村、三隅中村、三隅下村、通浦、青海島、白潟浦[1]、瀬戸崎浦[2]、深川村[3]、俵山村、真木村、渋木村、日置上村、日置中村、日置下村、蔵小田村、角山村、後畑村、津黄村、川尻村、向津具上村、向津具下村、河原村、新別名村、久富村、伊上村、野田村[4]
  • 幕末期 - 青海島(東大日浦・青海村)が瀬戸崎浦に合併。(22村2浦)
  • 明治4年7月14日1871年8月29日) - 廃藩置県により山口県の管轄となる。
  • 明治初年(24村2浦)
    • 深川村が分割して東深川村・西深川村・深川湯本村となる。
    • 白潟浦が瀬戸崎浦に合併。
  • 明治12年(1879年1月6日 - 郡区町村編制法の山口県での施行により行政区画としての大津郡が発足。郡役所が東深川村に設置。

町村制以降の沿革[編集]

1.三隅村 2.仙崎通村 3.深川村 4.俵山村 5.菱海村 6.日置村 7.宇津賀村 8.向津具村(紫:長門市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。全域が現・長門市。(8村)
    • 三隅村 ← 三隅上村、三隅中村、三隅下村
    • 仙崎通村 ← 通浦、瀬戸崎浦
    • 深川村 ← 東深川村、西深川村、深川湯本村、真木村、渋木村
    • 俵山村(単独村制)
    • 菱海村 ← 伊上村、河原村、新別名村、久富村
    • 日置村 ← 日置上村、日置中村、日置下村、野田村、蔵小田村
    • 宇津賀村 ← 津黄村、後畑村、角山村
    • 向津具村 ← 向津具上村、向津具下村、川尻村
  • 明治29年(1896年9月1日 - 郡制を施行。
  • 明治32年(1899年)4月1日 - 仙崎通村の一部(通浦)が分立して通村が発足。仙崎通村の残部が改称して仙崎村となる。(9村)
  • 大正3年(1914年4月15日 - 仙崎村が町制施行して仙崎町となる。(1町8村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年11月1日 - 深川村が町制施行して深川町となる。(2町7村)
  • 昭和17年(1942年11月3日 - 三隅村が町制施行して三隅町となる。(3町6村)
  • 昭和29年(1954年
    • 3月31日 - 通村・仙崎町・深川町・俵山村が合併して長門市が発足し、郡より離脱。(1町4村)
    • 5月1日 - 菱海村・宇津賀村・向津具村および日置村の一部(蔵小田の一部)が合併して油谷町が発足。(2町1村)
  • 昭和53年(1978年)4月1日 - 日置村が町制施行して日置町が発足。(3町)
  • 平成17年(2005年3月22日 - 三隅町・日置町・油谷町が長門市と合併し、改めて長門市が発足。同日大津郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月6日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 記載は白潟村。
  2. ^ 記載は瀬戸崎。
  3. ^ 深川村東分・深川村西分・深川湯本村に分かれて記載。
  4. ^ 記載は後畑村・津黄村のうち。

参考文献[編集]

関連項目[編集]