大洲インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:大洲インターチェンジの本線側からの画像提供をお願いします。2019年3月
大洲インターチェンジ
所属路線 E56 松山自動車道
IC番号 16
起点からの距離 [注釈 1]183.2 km(川之江JCT起点)
大洲TB (0.9 km)
所属路線 E56 大洲道路
起点からの距離 [注釈 1]183.2 km(大洲IC[注釈 2]起点)
(1.7 km) 大洲北IC
接続する一般道 国道56号標識国道56号
国道56号標識国道56号(大洲道路)
供用開始日 2000年平成12年)7月28日
通行台数 x台/日
所在地 795-0061
愛媛県大洲市徳森
備考 松山IC方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示

大洲インターチェンジ(おおずインターチェンジ)は、愛媛県大洲市徳森にある、松山自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

当ICは、国土開発幹線自動車道の路線名である四国縦貫自動車道[注釈 3]と、四国横断自動車道[注釈 4]の終点となっている[1]

大洲IC - 大洲北只IC間は、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路大洲道路であり、通行料金は無料のため当ICには料金所が設置されておらず、大洲料金所本線料金所)で料金の収受と通行券の発券を行っている。また、当ICは松山IC方面出入口のみのハーフインターチェンジとなっている。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E56 松山自動車道
(15) 内子五十崎IC - 大洲TB - (16) 大洲IC
E56 大洲道路
(16) 大洲IC - (17) 大洲北IC

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b キロポスト高松西ICからの連続した数値。
  2. ^ 大洲道路の起点は大洲北只ICであるが、IC番号やキロポストは高松西ICからの連続した数値になっているため、大洲ICを起点とする。
  3. ^ 川之江JCT - 大洲IC間は四国縦貫自動車道でその一部にあたる。
  4. ^ 大洲IC - 宇和島北IC間は四国横断自動車道でその一部にあたる。

出典[編集]

  1. ^ 高規格幹線道路(四国8の字ネットワーク・中四国連携ルート)”. 愛媛県. 2019年3月17日閲覧。
  2. ^ 四国8の字ネットワーク等概要図 (PDF)”. 愛媛県 (2017年4月1日). 2019年2月1日閲覧。
  3. ^ 広報 おおず 2000年9月号 <平成12年・No.538> (PDF)”. 大洲市. p. 1. 2019年2月3日閲覧。
  4. ^ a b 一般国道56号 大洲道路 (PDF)”. 国土交通省 四国地方整備局 大洲河川国道事務所. pp. 3-5. 2019年2月2日閲覧。

関連項目[編集]