大浜海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  • 徳島県美波町にある海岸。下記を参照。
  • 北海道小樽市、神奈川県葉山町、静岡県静岡市、静岡県賀茂郡西伊豆町 兵庫県洲本市(大浜海岸 (洲本市)を参照)、山口県長門市、鹿児島県奄美市、和歌山県新宮市にある海岸。

大浜海岸
Ōhama Beach 02.jpg
情報
所在地 徳島県海部郡美波町日和佐浦
全長 500m
駐車場 あり
アクセス JR牟岐線日和佐駅より車で約5分。

大浜海岸(おおはまかいがん)は、徳島県海部郡美波町(旧日和佐町)日和佐浦に位置する延長約500m砂浜である。日本の渚百選四国のみずべ八十八カ所選定。

概要[編集]

名前は「大きな浜」であることに由来し、日和佐川河口の近くは小浜と呼ばれる。

ウミガメの産卵地として名高く、1967年大浜海岸のウミガメおよび産卵地の名前で国の天然記念物に指定された。また1996年には日本の渚百選に選定された。

ウミガメ[編集]

毎年5月から8月にかけて、アカウミガメが産卵のために上陸する。時間帯はが多いが、昼間の事例も稀にある。頭数は年によって区々であるが、21世紀に入ってからは年間30頭前後で推移している。

ウミガメの保護を目的に、5月20日から8月20日までの期間は、砂浜及びその周辺道路において規制が敷かれるほか、美波町の保護監視員による活動も行われている。

関連項目[編集]

交通[編集]