大湖せしる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
だいご せしる
大湖 せしる
生年月日 (1983-03-08) 1983年3月8日(38歳)
出生地 兵庫県川西市
身長 167cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2012年:娘役に転向
2016年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
公式サイト 大湖せしるオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
ルパン三世
るろうに剣心
舞台
NARUTO-ナルト-
どろろ
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

大湖 せしる(だいご せしる、1983年[1]3月8日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組の娘役スター[1]

兵庫県川西市[2]聖母被昇天学院高等学校出身[2]。身長167cm[2]。血液型A型[3]。愛称は「せし」、「せしこ」[2]

来歴[編集]

2000年、宝塚音楽学校入学。

2002年、宝塚歌劇団に88期生として入団[1]。入団時の成績は33番[4]星組公演「プラハの春LUCKY STAR!」で男役として初舞台[1][5][6]。その後、雪組に配属[1][6]

2008年の「マリポーサの花」で新人公演初主演[5][6]

2012年5月28日付で男役から娘役へと転向[1][6]。入団11年目での娘役転向は宝塚史上初となった[1]

2013年、「春雷」でバウホール公演初ヒロイン[5][6]

2014年、「パルムの僧院」で、星乃あんりとバウホール公演ダブルヒロイン。

2015年、「アル・カポネ」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、東上公演初ヒロイン[7]

2016年5月8日、「るろうに剣心」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[8][5]

退団後は2.5次元ミュージカルを中心に出演を続け、活躍の場を広げている[1]

人物[編集]

幼少の頃から母に宝塚観劇に連れて行ってもらっていた[9]。記憶にある初めて観た作品は、月組公演「PUCKメモリーズ・オブ・ユー」で、「PUCK」が大好きになり、ビデオテープが擦り切れるほど繰り返し観ていた[10]

小学1年生からクラシックバレエを習い始める[9]。その他、習字やピアノなどを習っていた[10]。小学4年生から中学3年生まで宝塚コドモアテネに通い、日本舞踊や声楽なども習うようになった[9][10]。中学に入学後、母の勧めで宝塚受験のための教室に通い始め、3度目の受験で音楽学校に合格した[10]

芸名は、宝塚受験のための教室の恩師につけてもらった[9]。「大湖」は大ファンだった湖月わたるから1字もらい、「せしる」は広く世に知られるようにという願いをこめた「世知」をひらがなにしたもの[9]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組男役時代[編集]

雪組娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2003年10月、樹里咲穂コンサート『JUBIEE-S』
  • 2006年6月、貴城けいディナーショー『NEXT DOOR』
  • 2007年11月、轟悠コンサート『Lavender Monologue』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』[6]
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「宝塚を退団して3年。2.5次元で大切にしているのは、形式的ではない“心”」大湖せしるさんがスポットライトの裏に込めた想いとは? telling。
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2016年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、76頁。ISBN 978-4-908135-67-5。
  3. ^ 『ザ・タカラヅカV 雪組特集』 阪急コミュニケーションズ、2012年、118頁。ISBN 978-4-484-12507-7。
  4. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、114頁。ISBN 9784484146010。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m Memories of 大湖せしる タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  6. ^ a b c d e f g h i j k フェアリーインタビュー/雪組 大湖せしる ウィズたからづか。
  7. ^ a b 望海風斗の圧倒的な歌唱力が光る異色作『アル・カポネ』 宝塚ジャーナル。
  8. ^ a b 「グレイト・ギャツビー」に大湖せしる、RiRiKA「タカラジェンヌの誇りを」 ステージナタリー。
  9. ^ a b c d e 学院報No.15 卒業生インタビュー”. 聖母被昇天学院. 2013年7月22日閲覧。
  10. ^ a b c d 『波瀾爆笑!?我が人生 大湖せしる/宝塚GRAPH 2011年2月号』 阪急コミュニケーションズ、2011年、74-76頁。
  11. ^ 緒月遠麻&大湖せしる「新版 国性爺合戦」で、凛とした“強さ”持つ女性演じる ステージナタリー。
  12. ^ “中山優馬×屋良朝幸のミュージカル「クロスハート」、全キャストの配役発表”. ステージナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/stage/news/200407 2016年9月5日閲覧。 
  13. ^ 主要キャラ16名が集結!「NARUTO」躍動感あふれる新ビジュアル ステージナタリー。
  14. ^ 「戦国BASARA」初日挨拶、眞嶋秀斗「みんなで手をつないで全力で」 ステージナタリー。
  15. ^ 「ジョーカー・ゲームII」開幕、木戸邑弥「前回以上のものを」と自信 ステージナタリー。
  16. ^ 舞台「刀使ノ巫女」開幕、SKE48斉藤真木子「お客様を魅了できるよう」 ステージナタリー。
  17. ^ 深澤大河が半袖短パンの小学5年生に、舞台劇「からくりサーカス」開幕 ステージナタリー。
  18. ^ 迫力の殺陣満載!舞台「どろろ」東京公演開幕、鈴木拡樹が語る見どころは“家族” ステージナタリー。
  19. ^ 眞嶋秀斗&松村龍之介が卒業「戦国BASARA」新作開幕、「とてつもない熱を」 ステージナタリー。
  20. ^ 「NARUTO」再演の東京公演開幕、松岡広大「複合的に詰まったエンタテインメント」 ステージナタリー。
  21. ^ 「モリミュ」第2弾開幕、鈴木勝吾「演劇という小さな革命を感じ取って」 ステージナタリー。
  22. ^ 千葉瑞己・大湖せしるら出演、舞台版「IdentityV 第五人格」第3弾が開幕 ステージナタリー。
  23. ^ 山本一慶主演「Run For Your Wife」2カ月連続上演、共演に宇月颯・舞羽美海ら ステージナタリー。
  24. ^ 鈴木勝吾&平野良「モリミュ」第3弾上演決定、新キャストに藤田玲 ステージナタリー。

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3。