大湾文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大湾 文子(おおわん あやこ)は、日本の文化人、経営者コンサルタント、モデル。別名は大湾あや子沖縄県豊見城市台湾台北市出身。株式会社エンモメンツ代表取締役社長。

経歴[編集]

早稲田大学大学院卒業。2013年に外資の日本現地法人を立ち上げ、那覇市国際通りでホテル開発案を手がける[1][2]。その後は日本、台湾両国でモデルや評論家[3]。として活動する一方、コンサルティング会社[4]、株式会社エンモメンツの代表として、アジア人、特に中華圏のインバウンドに対する情報収集と分析、更には販売や広告、イベントなどの戦略提案などを行っている[5][6]。また、初の台湾宜蘭県駐日本代表でもある[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 國映館跡に高級ホテル 台湾企業が年内にも着工 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年7月15日閲覧。
  2. ^ 台湾企業が複合商業施設計画 MICE候補地の豊崎 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年7月15日閲覧。
  3. ^ 沖縄県. “https://www.asia-keizai.okinawa/” (日本語). 沖縄県アジア経済戦略構想. 2019年7月15日閲覧。
  4. ^ 【報道特別番組】 「徹底討論!沖縄観光の未来は?急増する外国人観光客への対応と課題」が放送されます! – ウェルカムんちゅになろう。” (日本語). 2019年7月15日閲覧。
  5. ^ おきぎん経済研究所 (2018年). “くがにくとぅば[黄金言葉] vol.175”. おきぎん調査月報. 
  6. ^ 月刊レジャー産業資料|2019年1月号”. www.sogo-unicom.co.jp. 2019年7月15日閲覧。
  7. ^ 宜蘭県政府、那覇に沖縄オフィス開設 台湾・マクロ・統計・その他経済” (日本語). NNA.ASIA. 2019年7月15日閲覧。