大滝裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大滝 裕子 
出生名 太田裕子[1]
生誕 (1963-03-19) 1963年3月19日(58歳)
出身地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
職業 ボーカリスト
ボイストレーナー
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
活動期間 1978年 -
レーベル エピックソニー(1978年 - 1981年)
CBSソニー(1987年 - 1991年
フォーライフレコード1992年 - 1995年
事務所 渡辺プロダクション(1978年 - 1982年)
キティアーティスト(1987年 - 1992年)
キャナルミュージック(1992年 - 1995年)

大滝 裕子(おおたき ゆうこ、1963年3月19日 - )は、日本歌手山梨県甲府市出身[1]血液型はAB型。

人物[編集]

弟がいる[2]。幼児期から岩崎宏美大橋純子等の歌唱力が高い歌手に憧れ、小学校の頃渡辺プロダクションの新人養成所東京音楽学院でボイストレーニングやダンスレッスンに励み、歌手になるための基礎を学ぶ。

1978年ミス・セブンティーンコンテスト』に応募し本選大会で尊敬する岩崎宏美の『二十才前』を歌い優勝。当時まだ中学三年だった。同大会参加者には松田聖子久保田早紀などがいた。1979年CBSソニー10周年記念アーティスト募集大会「ラブ・アイドル・アタック」でグランプリを受賞[2]。このコンテストがきっかけでエピックソニー渡辺プロダクションにスカウトされ1979年7月21日シングル『A BOY』でメジャーデビュー。キャッチフレーズは『ハレーション・シックスティーン』。当時わずか16歳とは思えぬパンチの効いた高い歌唱力で話題を浴びた。シングル5枚、アルバム1枚を発売する。

東海大学付属甲府高等学校中退[2][1]

1985年、斉藤久美、吉川智子とコーラスグループAMAZONSを結成。松任谷由実久保田利伸のコンサートツアーに参加し、高いコーラスワークが注目され、1987年11月21日CBS/SONYよりシングル『GLORIOUS GLAMOUROUS』でメジャーデビュー。シングル12枚、アルバム9枚を発売。

現在も、AMAZONSのメンバーとしての活動のほか、各種アーティスト(近年矢沢永吉平井堅スガシカオ郷ひろみ)のコンサートツアーのコーラス参加、ボイストレーナーとして活動中。また、郷ひろみ中山美穂などにも楽曲提供もしている。

ソロ歌手として活動していた頃に志村けんと交際しており、志村を実家の両親に紹介するなど結婚寸前まで至ったことがバラエティ番組で報じられた[3][4]。なお、自身は2010年2月に結婚している。

2021年7月21日、新型コロナウイルスへの感染を公表[5]。22日に予定されていた「AMAZONS 35th Anniversary Live〜A History Shared With Friend〜」(Bunkamuraオーチャードホール)は開催が延期となった[5]

略歴[編集]

  • 1978年 - ミスセブンティーンコンテストで優勝
  • 1979年 - CBSソニー10周年記念アーティスト募集大会「ラブ・アイドル・アタック」グランプリ受賞
  • 1979年 - 「A BOY」でデビュー
  • 1987年 - AMAZONSとして「GLORIOUS GLAMOUROUS」で再デビュー

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
EPIC・ソニー
1 1979年
7月21日
A面 A BOY 三浦徳子 後藤次利 065H-16
B面 離愁 松本隆 岡本一生 萩田光雄
2 1980年
2月25日
A面 ミリオン・キス 康珍化 馬飼野康二 065H-27
B面 バタフライ 後藤次利
3 1980年
8月21日
A面 YOKOHAMA 24時 三浦徳子 岡本一生 井上鑑 075H-47
B面 YOKOHAMA・ヘッドライト 康珍化
4 1980年
10月21日
A面 恋のウォーミング・アップ 三浦徳子 椎名和夫 075H-54
B面 黄色いかぶと虫 康珍化 南佳孝 鈴木茂
5 1981年
3月21日
A面 異性 三浦徳子 筒美京平 後藤次利 075H-71
B面 P.S.アイ・ラブ・ユー

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1980年 恋のウォーミング・アップ ヤクルトジョア」イメージソング
1981年 異性
1986年 Want You Back Again 日本テレビ系テレビドラマ「あぶない刑事」挿入歌
1987年 MR. PRIVATE EYE 日本テレビ系テレビアニメ「シティーハンター」挿入歌

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ラジオマガジンモーターマガジン社)1980年11月号 p.63 - 65 本人記事
  2. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1981年2月13日号 p.32
  3. ^ “志村けん ドリフ時代の元恋人が激励「元気でまだまだたくさん仕事をして」”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2020年3月25日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/25/0013222472.shtml 2020年3月26日閲覧。 
  4. ^ 結婚前提交際の元恋人・大滝裕子 志村けんさん追悼「涙が止まりません」35年ぶり“再会”話題”. www.sponichi.co.jp. Sponichi Annex (2020年4月1日). 2020年4月1日閲覧。
  5. ^ a b “大滝裕子、新型コロナ感染 志村けんさんの元恋人 22日の公演は延期に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年7月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/07/21/kiji/20210721s00041000419000c.html 2021年7月21日閲覧。 
  6. ^ CD版は、1992年11月21日(規格品番:ESCB-1360)、2008年5月6日(規格品番:DQCL-80)にリリースされた。
  7. ^ 志村けん 結婚目前だった元カノと35年ぶり“再会” 13歳年下の元アイドル、破局理由は…” (2020年3月25日). 2020年3月26日閲覧。
  8. ^ AMAZONS Official Twittr 2020年3月25日付