大澤一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大澤 一生(おおさわ かずお)は、日本ドキュメンタリー映画制作者。日本映画学校(現・日本映画大学)映像科17期卒業。

来歴・人物[編集]

ドラッグストア勤務後、日本映画学校(現・日本映画大学)し、ドキュメンタリーの製作を学ぶ。 ドキュメンタリー作家たちと共に作品を勢力的に製作。プロデューサーにとどまらず、作品によっては編集、構成、配給宣伝等にも携わる。 ドキュメンタリー専門誌neoneo編集委員。

主なプロデュース作品[編集]

  • バックドロップ・クルディスタン』(プロデューサー・撮影・編集・2008年)
  • 『アヒルの子』(プロデューサー・編集・2010年)
  • 『9月11日』(プロデューサー・撮影・2010年)
  • 『隣る人』(プロデューサー・撮影・構成・2012年)
  • 『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』(プロデューサー・構成・2012年)
  • 『ドコニモイケナイ』(プロデューサー・構成・2012年)
  • 『いわきノート』(ラインプロデューサー・2014年)

主なスタッフ参加作品[編集]

  • 『花と兵隊』(編集協力・2009年)
  • 『LINE』(配給・2010年)
  • 『ただいま それぞれの居場所』(録音・2010年)
  • 『無情素描』(編集協力・2011年)
  • 『-×-』(宣伝協力・2011年)
  • 『NO NAME FILMS』(宣伝・2011年)
  • 『相馬看花 第一部:奪われた土地の記憶』(編集協力・2012年)
  • 『祭の馬』(構成協力・2013年)
  • 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(配給・2013年)

編集[編集]

ドキュメンタリー雑誌 neoneo http://webneo.org/