大澤三之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大澤 三之助(おおさわ さんのすけ、1867年7月22日慶応3年6月21日) - 1945年昭和20年)7月26日)は、日本の建築家東京美術学校等で後進を指導した。

経歴[編集]

江戸(現東京麻布生まれ[1]。父・大沢昌督は町医者で、維新後、陸軍の薬剤官となる。18歳の時、尾崎紅葉らの硯友社が創刊した「我楽多文庫」の挿絵を描いた。1891年、第一高等学校卒業、東京帝国大学工科大学造家学科に進み、1894年卒業。卒業後、1年志願兵として兵役に就く。

1897年3月、東京美術学校図案科講師、1902年12月、図案科二部(建築装飾)の教授に就任。また、1899年 - 1904年は東京帝国大学で講師を務めたほか、1905年には陸軍歩兵大尉となる。

1906年、文部省留学生としてイギリス留学。1909年、フランスイタリアと回る。1910年にロンドンで開催される「日英博覧会」のため滞欧期間を延長。同年10月に帰国。

1914年、片山東熊の後任として宮内省内匠寮技師になる。1915年、学位工学博士)を授与される。1920年、内匠寮工務課長、東京美術学校講師(嘱託)。1924年、宮内省を免職。

1927年、新設の東京高等工商学校(現芝浦工業大学)建築学科長。1935年、中央工学校校長。戦時中の1945年7月、疎開先の鎌倉で逝去。

栄典[編集]

作品[編集]

  • 東京美術学校図案科教室(1914年):現存しない
  • ローマ日本美術展会場(1930年):現存しない
住宅
  • 有栖川宮邸(1902年):一部を円福寺(京都府八幡市)に移築
  • 岩村透邸(1912年、1914年):現存しない

論文[編集]

  • 「日光廟建築論」(1903年、東京帝国大学紀要):塚本靖と共著
  • 「和城に就て」(1904年、『建築雑誌』連載)
  • 「ガーデン・シチーに就いて」(1912年、『建築工芸叢誌』連載):田園都市を紹介した初期の論考として知られる。

家族[編集]

姉(貞)は化学者の宇都宮三郎と、妹(絲)は福沢一太郎(福沢諭吉長男)と結婚。

妻(みよ子)は長谷部辰連(貴族院議員)の長女で、建築家長谷部鋭吉の姉。長男(健吉)、三男(三郎)は建築家、次男(大沢昌助)は洋画家[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以下の経歴は主に『大沢昌助と父三之助展』P143-152年譜による。
  2. ^ 『官報』第1773号「叙任及辞令」1918年7月1日。
  3. ^ 前掲年譜

参考文献[編集]