大澤歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大澤歩
AYUMU Osawa
Osawa ayumu -Kagawa-.png
ベルテックス静岡
ポジション PG
身長 177cm (5 ft 10 in)
体重 75kg (165 lb)
血液型 O型
基本情報
本名 大澤歩
ラテン文字 AYUMU Osawa
日本語 大澤歩
誕生日 (1991-04-14) 1991年4月14日(28歳)
日本の旗 日本
出身地 静岡県
出身 静岡学園
専修大学
ドラフト  
選手経歴
2014-2015
2016-2018
2019-
広島ライトニング
香川ファイブアローズ
ベルテックス静岡

大澤 歩(おおさわあゆむ、1991年4月14日[1] - )は、静岡県出身の男子プロバスケットボール選手である。ポジションはポイントガード。ベルテックス静岡所属。177cm、75kg。

来歴[編集]

静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。兄弟の影響で小学校からバスケを始め、地元の公立中学である静岡市立清水第八中学校に進学。静岡県選抜に選出され、主将として都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会[2]に出場し、(当時)数年間予選リーグ止まりだった静岡県選抜を決勝トーナメント進出に導く。決勝トーナメントでは(2017年現在)京都ハンナリーズ永吉佑也率いる鹿児島県選抜と対戦し敗れている。 静岡市立清水第八中学校から高校は静岡学園に進み、1年次よりスタメンとして試合に出場。3年次には主将を務める。国民体育大会(新潟国体2009)では、川崎ブレイブサンダース藤井祐眞等とともに静岡を40年ぶりの決勝進出へと導いている[3]。 高校卒業後、専修大学に進学し、4年次には主将を務める。主将として参戦した関東学生バスケットボールリーグ戦はリーグ序盤でエース宇都直輝の怪我により苦戦を強いられ、全体8位という結果であったが、インカレでは5位入賞を果たし[4]オールジャパンへの出場も果たしている。

2015年、広島ライトニングに入団。プロとしてのキャリアを歩み始める。2015-16シーズン48試合に出場して、1試合9.8得点。

翌2016年オフにさらなる成長を目指し香川ファイブアローズへ移籍。移籍後、ファイブアローズ・バスケットボール・アカデミー火曜大人クラスのメインコーチに指名され[5]、チーム本拠地である高松にバスケットボールを通じで貢献している。

2017-18シーズンはファイブアローズのキャプテンを務めると同時に、スターターの座を勝ち取りプレイタイムを飛躍的に伸ばした。個人スタッツでは、キャリアハイとなる平均4.2アシストをマーク。PGとしてチームの勝利に大きく貢献した。

大学時代からの背番号「0」は、「いつでもゼロからのスタート」この意識を忘れないためにつけている。

経歴[編集]

  • 静岡学園 - 専修大学 - 広島ライトニング - 香川ファイブアローズ - ベルテックス静岡

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2015-16 広島 48 28.1 .349 .333 .657 2.4 2.2 0.8 0.0 2.4 9.8
B2 2016-17 香川 39 1 8.35 .362 .200 .735 0.72 0.56 0.3 0.05 0.33 2.12
B2 2017-18 香川 60 51 27.26 .309 .222 .778 2.3 4.2 0.7 0.01 1.7 5.3
2018 EC 香川 3 3 34.32 .333 .500 1.000 4.7 5.7 1.0 0.0 1.6 4.7
B2 2018-19 香川 52 39 24.30 .350 .343 .764 2.0 3.1 0.8 0.0 1.4 4.9
B3 2019-20 静岡

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

Template:ベルテックス静岡