大激闘マッドポリス'80

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大激闘マッドポリス'80
ジャンル 刑事ドラマ
企画 加藤教夫(日本テレビ)、小沢啓一郎(東映)
脚本 永原秀一柏原寛司峯尾基三山本英明、高田純、宮田雪
監督 関本郁夫長谷部安春野田幸男村川透西村潔田中秀夫舛田利雄
出演者 渡瀬恒彦
梅宮辰夫
志賀勝
片桐竜次
中西良太
堀川まゆみ
オープニング 「大激闘のテーマ」
作曲、編曲:大野雄二
演奏:ユー&エクスプロージョンバンド
エンディング 「愁いの街〜HOW CAN YOU LOVE THE CITY」
歌:木村昇
製作
プロデューサー 山口剛(日本テレビ)
武居勝彦・瀬戸恒雄(東映)
制作 日本テレビ
放送
音声形式モノラル
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1980年4月8日 - 7月22日
放送時間火曜 21時00分 - 21時54分
放送分54分
回数全16
テンプレートを表示

大激闘マッドポリス'80』(だいげきとうマッドポリスはちじゅう)は、1980年(昭和55年)4月8日から7月22日まで日本テレビ系列で毎週火曜日21:00 - 21:54に全16話が放送された、東映制作の刑事ドラマである。

なお、続編『特命刑事』を併せると全26話となるが、本項では別作品として扱う。

概要[編集]

大都会シリーズ』や『大追跡』などの成功により、アクション・犯罪系テレビ映画中心の時間帯として定着していた日本テレビ火曜夜9時枠放送作品のひとつ。前番組である『探偵物語』(東映芸能ビデオ制作)に続いて東映グループが制作主体を担っているが、その中でも特に劇場用映画専門の制作事業部として機能していた東映東京撮影所企画製作部(現:第一製作部)がテレビ番組制作に初参入した作品である[1]。企画にはドン・ペンドルトンの暴力小説マフィアへの挑戦』シリーズがモチーフとして用いられており、レギュラー出演者には主演の渡瀬恒彦梅宮辰夫の他、東映ピラニア軍団出身の志賀勝片桐竜次など、任侠映画や敵役などで活躍したアウトロー色の強い顔触れが据えられた。体裁は刑事ドラマとしてのスタイルを取りつつも、ストーリー上は犯罪捜査よりも「マッドポリス」と「ジャパンマフィア」という2大勢力の敵対関係を軸に置き、「10秒に一発撃ち、一分にひとりの犯人が死ぬ」というキャッチコピーの下、全話を通じて戦争映画並みの過激なアクションを主体としたドラマが展開されている。演出陣には野田幸男田中秀夫京都出身の関本郁夫ら東映勢の他、『大都会』以来火曜夜9時枠を支え続けてきた日活出身の長谷部安春村川透東宝出身の西村潔など、各社の枠を越えた幅広い人選が成された。文芸面では、テレビ朝日系の『西部警察』の立ち上げに専念するため『探偵物語』に不参加だった永原秀一峯尾基三が本作で火曜9時枠に復帰した他、『探偵物語』から引き続き参加となる柏原寛司宮田雪、新参の高田純らが健筆をふるっている。

プロデューサーの山口剛は放送当時「通常の方法ではもう限界」、「組織と組織がぶつかり合う時のアクションを重視することから始めた」と語っており、刑事ドラマとしての枠をより柔軟な形で広げる為に活動地域の無国籍化、刑事の設定を特殊セクションという形にすることによって行動パターンの枠を広げる方式によりシナリオ上の無理をスムーズに表現出来るようにしている。これは『大追跡』で既に採用していた方式だが、その基本の部分にさらにジャパンマフィアという全話共通の敵を存在させたことによって、よりストイックな形でドラマが進行するという特殊なパターンが用いられた。

タイトルは、かつて同じ火曜夜9時枠で放送された『大都会』『大追跡』のイメージを受け継ぎ、特殊部隊とジャパンマフィアとの「激突」を象徴したタイトルにすべく、当初は1976年の同じ東映製作の映画『暴走パニック 大激突』にあやかって『大激突』と名付けた。しかし番組スポンサーのマツダから「『大激突』では自動車会社としてマイナスイメージになる」と難色を示し、『大激闘』に変更するも、どうもしっくり来ないと悩み、当時話題になっていたメル・ギブソン主演の映画『マッドマックス』にあやかる形で、主役の特殊部隊の名称をマッドポリスとし、タイトルにも『マッドポリス'80』を追加して落ち着いた[2]

視聴率面では初回11.9%と低空飛行でのスタートを強いられたものの、中盤では15%台に上昇するなど比較的健闘していたが、劇中の激しい暴力描写は各新聞の投書欄や時事評論雑誌などでたびたび問題視され[2]、またスポンサーからも番組の内容からキャスティング(志賀勝のガラの悪いキャラクターはスポンサーのイメージにかかわる、など)まで問題視されたこともあった[2]。平均視聴率で言うと10%そこそこ(ビデオリサーチ、関東地方)で一時は打ち切りの話も出たことがあり[3]、これを受け、第16話「人間狩り」におけるジャパンマフィア壊滅を以てシリーズに一旦の区切りが付けられることとなり、2クール契約満了までの残り10話分はメインキャストや設定は据え置いたままに、バイオレンス色の払拭を図った『特命刑事』へ引き継がれた。プロデューサーの山口は本作を振り返って「最初は最終回でジャパンマフィアのボスを倒すという構想だったが、それよりも一話ずつ各話が面白ければいいという考えになっていった。それゆえ結局ジャパンマフィアというのが最後までよくわからなかった」「最終決戦はもっと盛り上がるはずだったんだけど。ちゃんとやればもっと面白く出来た」と語っている[2]

ストーリー[編集]

時は1980年代日本組織暴力は、幾多もの激しい抗争と政財界との癒着、海外マフィアとの結託を経て全国統一を達成し、巨大組織「ジャパンマフィア」を形成。日本全土は犯罪と暴力が支配する無法地帯と化していた。警察庁はこの事態に対処すべく、警察機構の旧態依然としたセクショナリズムを乗り越え、ジャパンマフィアに直接対決を挑んだ。その枢要として極秘裏に編成されたのが、従来の警察を遥かに越える武力と権限を委ねられた少数精鋭による特殊コマンドチームである。法も手段も超越した非情な捜査に臨むこの部隊を、マフィアたちは「命知らずの警官=マッドポリス」の異名で恐れ慄いた。ジャパンマフィアを壊滅するその時まで、マッドポリスの壮絶な闘いの日々は果てしなく続く。

設定[編集]

マッドポリス[編集]

「ジャパンマフィア」の壊滅を唯一の目的とした警察庁直轄の特殊部隊。「マッドポリス」とは俗称であり、正式名称、詳細な創設経緯や組織系統などは劇中では明かされていない(企画書上では「1978年に新設された『暴力団対策官制度』と『広域暴力団対策情報センター』から警察庁長官が直々に選出した非合法部隊」という設定が準備されていた)。

氷室健一(演:渡瀬恒彦
MPのキャップ。元はサブリーダー格だったが、#1で前任者・八代の殉職後キャップに昇格した。頭脳明晰で常に冷静沈着、悪に対しては非情に徹するが、普段はノリのいい性格で、部下の面倒見もいい。彼より年長の松村だけは「キャップ」でなく「旦那」と呼ぶ。常にハンチング帽を着用するのを好む(戦闘服着用時や変装時を除く)。射撃とドライビングテクニックは超一流。愛銃はルガーオートマチックM16アサルトライフル。愛車はサバンナRX-7
松村兵助(演:梅宮辰夫
通称「村さん」。MPのサブリーダー格。MPの最年長で、キャップの氷室も敬語で接する。警察上層部との連絡・交渉を担当している。刑事としての長い経験から、JM構成員や未逮捕の殺し屋などの犯罪者に関する情報に精通している。愛銃はマグナムリボルバーレミントンショットガン
芹沢末八(演:志賀勝
通称「芹さん」。元マル暴刑事で、「怒らせて死んだ奴が多い」と言われる強面の武闘派。射撃だけでなく格闘にも長けている。大阪出身で、常に大阪弁でまくし立てるように話す。
新田吾郎(演:片桐竜次
MPの若手実力派。先輩刑事は単に「新田」、後輩たちは「ゴロさん」と呼ぶ。タフでワイルドだが戦闘中もジョークを欠かさない二枚目半。金庫破り、ピッキングヘリコプターの操縦などの特殊技能を持つ。
原田進司(演:中西良太
MP最若手でヤンキーのようなファッションスタイルをしている。仲間からは常に「進司」と下の名前で呼ばれる。おしゃべりかつお人好しな性格。バイクの運転が得意で、愛機はカワサキ・350TR。バイクで敵をなぎ倒す技を持つ。
緑川悠子(演:堀川まゆみ
MPの紅一点。仲間からは常に「悠子」と下の名前で呼ばれる。容姿端麗、加えて英語も堪能なバイリンガルで、潜入捜査が得意。格闘や射撃も臆することなくこなす。
八代浩幸(演:土屋嘉男
#1に登場。#1時点でのMPのキャップ。肝の据わった人物でメンバーの信頼も厚かったが、廃車処理場で捕らわれた松村を救い出すため1人で突入した際に神崎と部下の銃弾を浴びまくり、松村救出直後に氷室達の前で殉職を遂げた。

本部[編集]

表向きは「ローリング建築設計事務所」。中は作戦室、射撃場などが設けられ、武器庫は酒棚にカムフラージュされており、出撃時は酒棚の真ん中を軸として左右に自動でスライドされた後に武器庫が現れて装備を行う。

戦闘服[編集]

オープニングから登場したMPの制服兼戦闘服だが、本編での実装は#5からである。デザインは灰地の半袖シャツとパンツで、腕の部分にMPのエンブレムと思われるワッペン(NEW JAPANESE POLICE と書かれている)が付けられている。

ジャパンマフィア[編集]

MPが壊滅を目指した、日本最大の犯罪組織。日本全土の犯罪勢力を掌握しているだけでなく、海外のマフィアとも提携し、通常の警察力では対処不可能な巨大な地下帝国となった。幹部の中には、一般社会に潜み民間の優良企業を経営している者など、社会的地位の高い者が少なくない。

組織の資金源は強盗殺人請負密輸銃器密売などありとあらゆる犯罪であるが、沖縄の無人島で密造しているヘロインが収益の大半を占めていたため、MPに麻薬精製部門を壊滅させられたことで、組織が崩壊した。

三田村亮介(演:島田正吾
政界の影のフィクサーにしてJMの絶対的最高権力者。巨大犯罪組織を一代にして築き上げた怪物。セリフは少ないが、口を開いた時の重々しい口調には、威厳と迫力が満ち溢れている。#1~#7、#10、#13、#15に登場したが最終話である#16には一切登場しないため、組織壊滅後の消息は明らかでない。
富樫謙司(演:仲谷昇
地裁判事で、表向きは富樫法律事務所を経営する切れ者。三田村の右腕としてJM全体に強大な影響力を持ち、組織幹部ですら「先生」と一目置く存在である。三田村同様#1~#7、#10、#13、#15に登場したが#16に登場せず、組織壊滅後の消息は明らかでない。
神崎勝(演:中尾彬
#1に登場。富樫と共に三田村の補佐役を務めるJM最高幹部のひとりで、凄腕の殺し屋。八代を始末するという目的を果たして自動車で逃走しようとしたところを氷室に撃たれ、そのままJM最高幹部会議の会場にたどり着き、その席上で死亡した。
坂本(演:河原崎次郎
#2に登場。麻薬Gメン主任で、氷室がMPに所属する以前からの顔見知りであるが、裏の顔であるJMヘロイン密輸部門No.1の地位を利用し、押収した麻薬を闇市場に流していた。氷室からの「宣戦布告」に応じて前島組幹部とともに市民会館でMPを迎え撃つも幹部は全滅。自身も氷室に射殺された。
前島(演:菅貫太郎
#2に登場。芸能プロダクションや不動産会社を隠れ蓑に、麻薬を密売する前島組組長。失策を重ねたため坂本の部下に射殺された。
古賀礼次(演:ジョニー大倉
#3に登場。元自衛隊レンジャー部隊隊員で超一流のスナイパー。JMと政界の癒着を法廷で証言しようとする組織の裏切者・神保(演:浜田晃)の命を狙う。裁判所の入口に入ろうとする神保を、近くのビル高層階から狙撃しようとするが、地上にいた新田の飛び出しに気を取られた直後に氷室に逆に狙撃され死亡した。
石神聖子(演:田口久美)
#4に登場。賭博組織のボスであり、国際的社交界にも幅広い人脈を持つ。MPは彼女を捕らえ、JM創設祝賀特設カジノの開催場所を聞き出そうとするが、JMも警視総監(演:早川雄三)を拉致して彼女との交換を迫った。自動車で逃走を図るが、松村にガラス越しの狙撃をされ死亡。車内にあった招待状を松村が見つけたことにより、カジノ会場は警察の手入れで壊滅した。
ケイ三好(演:ジャネット八田
#5に登場。武器密輸組織のボス。表向きは芸能プロダクションの社長で、ラジオのDJも務めるが、その放送内容は音楽リクエスト番組に見せかけた武器密輸の暗号通信だった。氷室を拉致しての爆殺を図るが松村たちの救出作戦により失敗。取引場所も急襲され、氷室とのカーチェイスの果てに彼の銃弾がタイヤに当たって操作が効かなくなりそのまま崖から転落、爆死した。
植村正樹(演:根上淳
#6に登場。一流企業の東都観光を経営する裏で、JMの影をちらつかせて会社乗っ取り・吸収を重ねてきた、JM最大の資金提供者である。無数の人間から恨みを買っているため、ボディーガードに24時間身辺警護させており、神経質で小心な言動が目立つ。強固な警備などで要塞化した自宅マンションに立てこもり、強襲にやって来るMPを撃退しようとしたが、直通エレベーターの動力部から侵入されて高層部の自室まで踏み込まれ、屋上からヘリコプターで逃亡しようとしたところを氷室に射殺された。
高森幸一(演:内田良平
#7に登場。JM資金調達部門の黒幕。配下の山尾グループが銀行強盗や宝石店襲撃で得た金を、JMの地下銀行へ送り込む役割を担っている。MPを廃墟に追い込んでの銃撃戦を展開し、先に潜入していた新田を人質にして優位に立つも、背後からの芹沢の襲撃で一転して山尾グループは壊滅。自身も松村に撃たれて死亡した。
山尾グループ
#7に登場。数々の武装強盗を繰り返してきた、高森配下の資金調達部隊。メンバーは山尾(演:曽根晴美)・蛭田(演:山西道広)・早苗(演:根岸とし江)・次郎(演:青木卓)。地下銀行の所在地を探るため、新田は金庫破りの腕を売り込んでグループに潜入した。MPとの銃撃戦で山尾・蛭田・早苗は死亡、ただ1人生き残った小心者の次郎は、素直に地下銀行の場所を白状し、新田に「お前はギャングに向いてないから田舎に帰れ」と見逃された。
岩崎順一郎(演:玉川伊佐男
#8に登場。政財界の影のフィクサーと呼ばれる大物総会屋。私有する美術館の地下金庫に、密輸した大量の武器弾薬を貯蔵。それらを破壊しようと単独で美術館に乗り込んだ氷室を迎え撃ち、追い詰めるが、下水道経由で地下トンネルを掘って潜入した松村・新田・原田による地下金庫の壁の爆破によって形勢が逆転し、部下とともに射殺される。武器弾薬は岩崎の自室に移っていたが、それも松村によって爆破処理された。
原(演:江角英
#8に登場。岩崎の秘書。MPが攻めてくるなら下水道からだと看破し、松村たちを絶体絶命の危地に追い込んだ。岩崎とともに氷室に射殺される。
朝倉泰造(演:金子信雄
#9に登場。暴力団東新会会長。関東刑務所に服役中だが、小田島所長(演:菅貫太郎)と部下の木戸(演:南道郎)を買収し、自由に振る舞っている。獄中から自身の部下に指令し、懸賞金を争わせて氷室の命を狙った。部下が次々と逮捕されたため、小田島の協力で刑務官に化けて脱獄を図ったが、小田島とともにMPに逮捕され、刑期追加の上、網走刑務所に収監された。ナレーションによるとこのまま獄死したとの事。
吹上正義(演:名和広
#10に登場。JM系総会屋のNo.1。女装趣味があり、配下の特殊部隊にも普段から女装をさせている。日本最大の商社・栄光商事乗っ取りを画策し、JMの息のかかった副社長の佐山(演:加藤和夫)を後釜に据えようと、社長の木田(演:嵯峨善兵)を拉致、別荘での秘密女装パーティーの出し物で殺害しようとした。また、ガソリンスタンドの跡地地下にJMの私設刑務所を所有しており、芹沢と原田を拉致し、処刑を計画した。パーティーはMPの乱入に遭い、女装特殊部隊は全滅。自身も佐山と共に別荘の庭園で氷室に射殺された。
仙波三郎(演:小笠原弘
#11に登場。貿易会社を隠れ蓑に、指名手配中のJM幹部を何人も密出国させた人間密輸のエキスパート。その腕を買われて、偽ドル贋造・密輸出組織の黒幕に抜擢された。元過激派の沢木(後述)の国外逃亡を手伝う見返りに、組織の作った偽ドルを東南アジアにばらまく役目を与える。ともに大型輸送船に乗り込んだところでMPの追撃を受け、小型船で逃げようとしたが、追ってきた氷室に射殺された。
沢木和彦(演:椎谷建治
#11に登場。元過激派で連続企業爆破犯。国外逃亡までの間、仙波の仕事を手伝っている。原田を捕らえて薬物で操り、MPが奪った偽ドルの原版を取り戻させた上で、MPを本部ごと爆破させようとしたがMPによって作戦は防がれ、沢木は回復した原田に大型輸送船の中で射殺された。
南雲利三郎(演:南原宏治
#12に登場。南雲コンツェルン会長。自社工場内に誘拐してきた大勢の医療・研究用麻薬製造技術者を監禁し、純度99%のヘロインを精製させていた。水中から潜入した氷室たちに一度は拘束されるが、部下に命じて工場に残された技術者を人質としたため、交換交渉の果てに解放される。その後ボートで逃げようとしたが、エンジン用の栓を抜かれていたため動けず、MPに部下ごと射殺される。工場もMPによって破壊された。
吉崎健三(演:田中浩
#13に登場。服役中の吉崎興業社長。JM設立草創期に、徹底した暴力で対立組織を潰し、JMの日本制覇に大きく貢献した男。MPの活躍で弱体化が目立ってきたJM立て直しのため、吉崎を奪回すべく、JMは三田村直々の指令で保守党幹事長・竹田(演:野口元夫)を誘拐。竹田の解放と引き換えに吉崎の釈放と国外脱出を要求した。自由を確信した吉崎は傲慢な態度で警察を振り回すが、ハングライダーで潜入した氷室と陽動作戦を展開していた芹沢達によって竹田を奪還。悠子と共に吉崎の護送役を担当させられていた松村は、無線で一報を聞くと刑務所に引き返さずに海辺の空き地へ向かい、正当防衛の名目で吉崎を射殺。目的のために手段を選ばぬJMと、危険な任務だけを押し付けて手柄を横取りしようとする警察上層部双方に対し、MPが見せた意地と反抗心であった。
石坂(演:大木正司
#13に登場。竹田誘拐作戦部隊のリーダー。険しい山中の工事事務所に置かれたアジトに竹田を監禁するも、ハンググライダーを駆使した氷室の奇襲により竹田は救出され、部隊は壊滅。自身も氷室が竹田を連れ帰るために奪ったダンプカーにはねられ即死した。
ヒットチーム
#14に登場。JM幹部会直属の暗殺グループ政治家や暴力団組長など、JMの利益を損なう人間を次々と葬ってきた。人数や名前は組織の中でも秘密扱いとなっている。JMのビル買収計画に徹底抗戦する実業家の西山兄弟が狙われたことを知ったMPは、彼らを護衛すると同時に、狙ってくるヒットチームを片付けようとしたが、実は西山兄弟こそがMPを狙うヒットチームの一員であった。
勝部(演:松山照夫
ヒットチームの一員。松村とは旧知の元針生組の殺し屋。西山兄弟を狙撃する芝居を打つことで、兄弟をMPの本部に入れ、兄弟がMPたちをニトログリセリンで爆殺するという作戦を練った。隠れ家を突き止めた松村を拉致するも、追ってきた氷室に射殺される。
西山幸男(演:三上真一郎)、西山清(演:北見敏之
ヒットチームの一員。勝部に命を狙われる兄弟実業家を装い、護衛を買って出たMPを本部入口のドアを開くと瓶が落ちて建物ごと爆発するニトログリセリンで爆殺しようとした。計画は入り口にいた氷室&松村と中で捕らわれてた新田達の連携でニトロの瓶は確保されて失敗に終わり、自動車で逃走する途中、氷室がひそかに車体に貼り付けておいたニトロの瓶を銃で狙撃され、爆死する。
テツ宮路:(演:岩城滉一
#15に登場。世界の要人を暗殺してきた超一流のスナイパー。コードネームは「ダンヒル」(吸血鬼の息子=ダンピールに由来)。氷室抹殺のためにJMに雇われた。アメリカ帰りの陽気な無一文の若者を装いつつパンアメリカン航空ニューヨーク発羽田行き005便に乗って隣に座っていた悠子と羽田で彼女を待っていた原田に接近し、MPの動向を探りつつ何度も氷室の命を狙う。そのかたわら、同じ便に乗っていた、宮路を追うFBI捜査官を射殺。悠子を人質に取り「京浜競馬場」(ロケ地は大井競馬場)で決戦に挑むが、原田が投げた液状閃光手榴弾を撃ったことで隙ができ、氷室に手を撃たれたことで戦闘能力を失って逃走。渋谷歩行者天国の雑踏に紛れようとしたが、氷室の狙撃により一発で眉間を打ち抜かれ絶命した。
西岡竜:(演:浜田晃)
#16に登場。JM麻薬精製部門のリーダー。沖縄の孤島でヘロインを精製する一方、退屈しのぎのためにJMに人間を拉致させて島に放たせ、仲間たち(演:成瀬正清水昭博、丹野昌子)とマンハント(人間狩り)を楽しんでいた。新田と原田を拉致し、獲物として狩り立てるが、救出に駆けつけたMPに島を襲撃され、一味は全滅。西岡自身は新田によって射殺された。このヘロイン精製工場が破壊されたことにより、組織最大の収益源を失なったJMは、壊滅の道をたどることになった。

戦闘員[編集]

毎回登場し、MPと銃撃戦を繰り広げるJMの末端構成員。黒スーツに黒シャツ、白ネクタイというスタイルが基本だが、回によってネクタイの色が赤などに変わることもある。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 加藤教夫(日本テレビ)、小沢啓一郎(東映)
  • プロデューサー - 山口剛(日本テレビ)、武居勝彦(東映)、瀬戸恒雄(東映)(第3話 - )
  • 音楽 - 大野雄二
  • 撮影 - 中島芳男、飯村雅彦、仙元誠三、大町進、長谷川清
  • 照明 - 萩原猶義、篠崎豊治、小林芳雄、渡辺三雄
  • 録音 - 林鉱一、川島一郎、宮下光威
  • 美術 - 大橋豊一、藤田博、北川弘
  • 編集 - 戸田健夫、田中修、鈴木宏始、祖田冨美夫
  • 記録 - 高津省子、浅附明子、宮本衣子、槇坪多鶴子、勝原繁子
  • 効果 - 沢地正幸
  • 選曲 - 新井明美(東映音楽出版)
  • 助監督 - 中井俊夫、阿井正樹、原隆仁澤井信一郎佐伯俊道、深町秀煕、吉崎元
  • 監督助手 - 柴田敏彦、鹿島勤
  • 計測(撮影助手) - 岡野貞雄、大町進、米原良次、高橋達美、今実、金井義治、池田健策
  • 照明助手 - 磯山忠雄、井上幸男
  • 編集助手 - 竹内利之、高橋真由美
  • 装置 - 小島頼重、嶋田春夫
  • 装飾 - 金田孝夫、五十嵐靖治、橋本俊雄、門明淳
  • 衣装 - 堀口栄、福崎精吾、東映衣裳
  • 美粧 - 入江荘二、宮島孝子(入江美粧)
  • 制作担当 - 石川通生
  • 進行主任 - 横山和幸、高井義典
  • 俳優担当 - 依田進
  • 技斗 - 西本良治郎[4][5]ジャパン・アクション・クラブ
  • スチール - 加藤光男
  • 番組宣伝 - 山口晋(日本テレビ)
  • 現像 - 東映化学
  • ナレーター - 清水峰夫
  • 衣装協力 - キャラバン、青山EIKO
  • モデルガン提供 - コクサイ
  • 協力(第16話) - 久米島観光協会、久米島観光ホテル、久米島エスコートサービス、全日空
  • 制作協力 - 東映東京撮影所
  • 制作 - 東映

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

『「大激闘」のテーマ』[6]

作曲・編曲:大野雄二、演奏:YOU & THE EXPLOSION BAND

エンディングテーマ[編集]

『愁いの街〜HOW CAN YOU LOVE THE CITY』

作詞:奈良橋陽子、作曲・編曲・プロデュース:大野雄二、唄:木村昇TALIZMAN)、演奏:YOU & THE EXPLOSION BAND

(第1 - 3話エンディングでは『いの街』とクレジットされている)

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 マフィアからの挑戦 永原秀一 関本郁夫 中尾彬

土屋嘉男

河津清三郎原良子辻萬長

出光元南雲佑介東龍明

関山耕司、大和義武、木村修福岡正剛

清水照夫、溜健二、益田哲夫甲斐道夫

2 No.1抹殺計画 柏原寛司 河原崎次郎、菅貫太郎

鹿内孝山本昌平遠藤征慈

渡辺とく子、庄司三郎、堀礼文

桐原信介、佐川二郎山浦栄、山田光一

笹入舟作大泉公孝城春樹、斉藤忠広

3 狙撃者を撃て 峯尾基三 長谷部安春 ジョニー大倉

今井健二、浜田晃

久富惟晴、藤山浩二

原田君事、宮地謙吾、三島新太郎

大島博樹、秋野陽介、片桐二郎

佐々森勇二、佐藤達郎、渋谷昌道、益尾久子

4 切り札は黒いクイーン 山本英明 田口久美

早川雄三

内田勝正

角友司郎、清水照夫、大島宇三郎

小野正、大辻慎吾、深田卓也

5 シンジケートの女 高田純 野田幸男 ジャネット八田

団次朗中田博久

田島義文、沢田情児

団巌五野上力、不知火艶

高野隆志、町田政則、三浦伸、桑原一人

新井英騎、吉宮慎一、大崎裕子、平野真理

6 殺しの追跡 永原秀一 根上淳

山口美也子

原口剛友金敏雄

木樽研三、土佐一太、小池雄介

溝川吉則、岩尾拓志、鈴木秋夫、川村京子

7 地下銀行襲撃 宮田雪 村川透 内田良平

曽根晴美、根岸とし江

山西道広、青木卓

グラハム・ハルム、ひとみ麗、山本緑、高野晃大

大塚之裕、上坂力、佐々森勇二、吉沢勝

佐藤達郎、鈴木敬、渋谷昌道、左伴和幸

8 破壊 柏原寛司 玉川伊佐男

江角英、高橋明

清水宏、重松収

畑中猛重、浅見小四郎

幸英二、隼田勇蔵、大前田武

9 殺人刑務所 峯尾基三 西村潔 金子信雄

菅貫太郎、鹿内孝

石橋雅史沖田駿一、南道郎

檀喧太、黒崎勇、宮崎靖男

清水照夫、沢田浩二、大島博樹、木村修

山浦栄、村添豊徳、長尾信、泉福之助

斉藤忠広、大村浩之、上田三津子、三原玲奈

10 処刑儀式 高田純 野田幸男 名和広

嵯峨善兵

小林勝彦、加藤和夫

福本清三、秋野陽介

木村清輝、永谷悟一、団巌

佐川二郎、島田雄三、菅田朝行、唐沢潔(エキストラ)

11 爆殺マシーン 宮田雪 桑山正一

小笠原弘

椎谷建治、新海丈夫

滝川潤滝沢双亀山達也

町田政則、ジョージ・ハルム、かまくら文太

田中雅比呂、木村一友、塚村秀夫、小松博之

12 潜行大作戦 峯尾基三 長谷部安春 南原宏治

八名信夫黒部進

吉良冬太、三浦伸、添田聡司

宍原正美、大川泉、見城貴信

佐川二郎、泉福之助、美原亮三、長尾信

小山昌幸、桑原一人、牧野雅一、田中洋介

後藤利之、星岡秀臣、松島敏雄、喜多村通

13 スカイライダー大作戦 永原秀一 田中浩

野口元夫、船戸順

大木正司、相馬剛三、玉村駿太郎

岡幸次郎、山浦栄、木村修、五野上力

井原啓介、五十嵐一成、氷室浩二、那知正彦

渡会健太、藤木俊一、長谷部亮、舟久保一之

伊藤慶子、赤石富和、鈴木秋夫、新井英騎

ハングライダー指導:BIG BIRD

14 ハンター・キラー 柏原寛司 田中秀夫 三上真一郎

藤山浩二、北見敏之

松山照夫、たこ八郎

幸英二、比良元高、渋谷昌道

高野隆志、久保田鉄男、日詰康裕

15 005便で来た狙撃者スナイパー 高田純 岩城滉一

久遠利三、須賀良

宮城健太狼、山中健次、小菅陽平

佐田豊二、野沢勝、ライナー・ゲィスマン

クレーグ・サワー、ドナルド・ディワソン、ウィリー・ドーシィユセフ・オスマン

16 人間狩り 峯尾基三 舛田利雄 浜田晃、中田博久

成瀬正、清水昭博

木樽研三、友金敏雄、大前田武

丹野昌子、斉藤忠宏、星純夫

大村浩之、大島博樹、佐藤鬼太郎、黒田努

補足[編集]

2015年1月から4月までと2021年2月から5月まで、Youtubeの「TOEIcontents」より配信が行われていた。

ビデオソフト[編集]

大激闘マッドポリス'80 / 特命刑事 コンプリートDVD
2015年1月9日発売
品番:DSTD03779 / 38000円(税抜) / 全26話(『特命刑事』全10話含)収録 / 発売元:東映ビデオ

脚注[編集]

  1. ^ 山本俊輔、佐藤洋笑『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』、DU BOOKS、2015年4月10日、 300頁。
  2. ^ a b c d 『NTV火曜9時 アクションドラマの世界 「大都会」から「プロハンター」まで』(2015年、DU BOOKS)p.300 - 336
  3. ^ 週刊TVガイド 1980年6月13日号 p.32「REPORT・ブームの刑事もの、クイズ番組にかげり!!」
  4. ^ 同時期には、東京12チャンネルの「ミラクルガール」でも擬斗を務めた。現在は、ジャパンアクションエンタープライズの代表取締役副社長を務めている。
  5. ^ 会社概要 – JAPAN ACTION ENTERPRISE” (日本語). 2021年2月20日閲覧。
  6. ^ 日本テレビ太田総理』の証人喚問のコーナー(コーナー初回:2007年12月25日)、及びフジテレビ爆笑大日本アカン警察』(初回:2009年12月28日(単発番組)、2011年4月24日(レギュラー放送))のテーマ曲としても使用されている。

関連項目[編集]