大炊御門冬信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大炊御門冬信
時代 南北朝時代
生誕 延慶2年(1309年
死没 正平5年/観応元年6月28日1350年8月1日
官位 従一位内大臣
主君 後醍醐天皇後村上天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門冬氏、母:吉田経長の娘
兄弟 氏忠冬信家信、覚信
西園寺実衡の娘
宗実冬宗
テンプレートを表示

大炊御門 冬信(おおいのみかど ふゆのぶ)は、南北朝時代公卿内大臣大炊御門冬氏の子。官位従一位・内大臣。大炊御門家10代当主。後醍醐天皇(96代)・後村上天皇(97代)の二代に亘り仕えた。

経歴[編集]

正中2年(1325年)は、正四位下に叙爵してから累進し、嘉暦元年(1326年)には従三位となり公卿に達する。元徳元年(1329年春宮大夫となるも、元弘元年(1331年)には辞職し、同年権大納言に転じる。元弘2年/正慶元年(1332年)に正二位に進むも、翌年には従二位に戻され、再び権中納言に就任した。

建武2年(1335年)には再び正二位に昇った。延元2年/建武4年(1337年)に権大納言に任じられ、延元3年/暦応元年(1338年)に再度春宮大夫となるも翌年辞す。興国4年/康永2年(1343年左近衛大将大納言となり、興国6年/貞和元年(1345年)には内大臣となるも翌年には辞職。正平4年/貞和5年(1349年)には従一位となった。正平5年(1350年)に薨去。享年42。

系譜[編集]