大炊御門冬忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大炊御門冬忠
時代 鎌倉時代中期
生誕 建保6年(1218年
死没 文永5年9月9日1268年10月16日
別名 香隆寺入道
官位 正二位内大臣
主君 後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門家嗣
母:持明院宗子(持明院基宗の娘)
兄弟 冬忠、経嗣
異父兄:滋野井公光
中院通成の養女?、藤原資季の養女?
信嗣冬輔、氏嗣、忠覚、観円、女子[1]
テンプレートを表示

大炊御門 冬忠(おおいのみかど ふゆただ)は、鎌倉時代中期の公卿内大臣大炊御門家嗣の子。大炊御門または香隆寺と号す。官位正二位・内大臣。大炊御門家6代当主。主に後堀河天皇(86代)から亀山天皇(90代)の五朝に亘って仕えた。

経歴[編集]

寛喜3年(1231年)に叙爵。侍従周防介左近衛少将/中将を経て、暦仁2年(1238年)に従三位となり、公卿に列する。その後も権中納言権大納言を経て、建長2年(1250年)に正二位、弘長元年(1261年)に大納言右近衛大将となった。さらにその翌年に左近衛大将。

文永2年(1265年)から文永4年(1267年)の間には内大臣となった。しかし文永5年(1268年)には腫物・痢病により出家し、以降は香隆寺入道と称されるようになった。同年のうちに薨去。享年51。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 女房となり廊御方と呼ばれた。