大炊御門宗実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大炊御門宗実
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 興国4年/康永2年(1343年
死没 応永11年5月5日1404年6月12日
官位 正二位権大納言
主君 光明天皇崇光天皇後光厳天皇後円融天皇後小松天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門冬信、母:西園寺実衡の娘
兄弟 宗実冬宗
テンプレートを表示

大炊御門 宗実(おおいのみかど むねざね)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての公卿内大臣大炊御門冬信の子。官位正二位権大納言大炊御門家11代当主。

経歴[編集]

延文3年/正平13年(1358年)、従三位となり公卿に列する。越後権守権中納言を経て、貞治2年/正平18年(1363年)、権大納言となる。康応元年/元中7年(1389年)には近衛大将となる。

応永9年(1402年)、出家。応永11年(1404年)5月5日、薨去。享年62。