大炊御門経秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大炊御門経秀
時代 江戸時代中期
生誕 宝永8年3月1日1711年4月18日
死没 宝暦2年11月15日1752年12月20日
別名 号:法台寺
官位 正二位内大臣
主君 中御門天皇桜町天皇桃園天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門経音
母:菊姫(上杉綱憲の養女)[1]
兄弟 経秀、鷲尾隆煕
醍醐冬熙の娘
家孝
テンプレートを表示

大炊御門 経秀(おおいのみかど つねひで)は、江戸時代中期の公卿権大納言大炊御門経音の子。官位正二位内大臣大炊御門家23代当主。中御門天皇(114代)、桜町天皇(115代)、桃園天皇(116代)の三朝に亘って仕えた。

経歴[編集]

正徳2年(1712年)叙爵し、以降清華家当主として早いスピードで累進し、侍従左近衛少将/中将を経て、享保9年(1724年)に従三位に達して公卿に列した。その後も踏歌節会外弁・権大納言を経て、延享4年(1747年)に右近衛大将右馬寮御監となる。寛延2年(1749年)に内大臣に就任するも辞職。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公卿補任』等では上杉吉憲(米沢藩主)の娘とされているが、吉憲が貞享元年11月8日1684年12月14日)生まれであるため、経秀の生年との差を考えると年齢的に疑問がある。そのため、ここでは『寛政重修諸家譜』に記載されている綱憲養女(経音室)を母としておく。