大炊御門頼国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大炊御門頼国
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正5年(1577年
死没 慶長18年5月11日1613年6月28日
官位 正三位左近衛中将
主君 正親町天皇後陽成天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門経頼、母:不詳
兄弟 頼国経孝
テンプレートを表示

大炊御門 頼国(おおいのみかど よりくに)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公卿権大納言大炊御門経頼の長男。官位正三位左近衛中将大炊御門家18代当主。猪熊事件に関与したため処罰された。

経歴[編集]

天正6年(1578年)に叙爵し、侍従左近衛少将をへて、天正15年(1587年)に従三位・左近衛中将となり公卿に列する。慶長3年(1598年)には正三位となったが、以降長く官位官職の上昇がなかった。

そんな中の慶長13年(1608年)に猪熊教利烏丸光広花山院忠長飛鳥井雅賢難波宗勝・松木宗信・徳大寺実久らと共に御所の官女と密会して乱交に及ぶ事件を起こした。後陽成天皇の勅勘を被り、慶長14年(1609年)に硫黄島へと流されるところだったが、周囲の助けにより甑島に流される。

慶長18年(1613年)、同地で薨去。享年37。