大熊康之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大熊 康之
生誕 1938年昭和13年)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1959年(昭和34年)〜1993年平成5年)
最終階級 JMSDF Rear Admiral insignia (a).svg 海将補
テンプレートを表示

大熊 康之(おおくま やすちか、1938年(昭和13年) - )は、海上自衛官システムエンジニア

岐阜県生まれ。防衛大学校では電気工学を専攻し、1958年(昭和33年)に第6期生として卒業した。

昭和46年度計画で開発された海上自衛隊初のシステム艦である「たちかぜ」が搭載するOYQ-1 WESの導入のため、1970年10月5日、海上幕僚監部CCS幹事室に着任[1]。このとき、同室長を務めていた、『解析射撃理論』の著者である小綿恭一2佐に師事することになる。その後、アメリカ海軍ミサイル・スクール(NAVGMSCOL)に留学し、1972年から2年間、カリフォルニア州サンタクラリタのバレンシアに所在するUNIVAC社の工場に駐在した[2]。このとき、大熊1尉(当時)とともに野崎3佐、斎藤3佐、加藤1尉、村上1尉が留学・駐在しており、後年、5人の侍と称された[1]

1975年1月に帰国したのち、プログラム業務隊(PGC)艦艇システム係長として、他の米留経験者とともに後進の指導にあたった[3]。ここで実施された寺子屋的教育は大熊学校と称され[4]、後に海自システム化の骨幹を担っていく人材が多く輩出された[3]。1976年6月には「たちかぜ」砲雷長として着任し、ターター装置装備認定試験(SQT)に従事。その後、企画科長として再びPGCに復帰し、OYQ-5の開発などに従事した。以後、護衛艦むらくも」艦長[3]、護衛隊司令を歴任し、イージス艦導入時には海上幕僚監部装備体系課においてイージスシステム導入を担当したほか、P-3の要員教育にも従事した。その後、プログラム業務隊司令を経て、1993年(平成5年)に海将補として退官[5][6]

退官後は、軍事システムエンジニアリングの研究・講演などを通じて活動している。主な著作として『軍事システム エンジニアリング』があるが、これは、日本防衛装備工業会の月刊JADIにおいて、2005年5月号から2006年2月号まで連載したものをもとに大幅加筆したものである[5]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 大熊, 康之『軍事システム エンジニアリング』かや書房、2006年。ISBN 978-4-906124-63-3。
  • 大熊, 康之「良き師との出会いに恵まれて(日本海軍砲術と米海軍SEの総合)」『第1巻 射撃』水交会〈海上自衛隊 苦心の足跡〉、2010年、329-347頁。
  • 大熊, 康之『戦略・ドクトリン統合防衛革命』かや書房、2011年。ISBN 978-4-906124-70-1。
  • 『第1巻 射撃』水交会、水交会〈海上自衛隊 苦心の足跡〉、2010年。
  • 野崎, 亮「米国留学と「たちかぜ」ぎ装等」『第1巻 射撃』水交会〈海上自衛隊 苦心の足跡〉、2010年、347-354頁。
  • 村上, 忠「米国留学と「たちかぜ」ぎ装等」『第1巻 射撃』水交会〈海上自衛隊 苦心の足跡〉、2010年、372-374頁。

関連項目[編集]