大牟田弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大牟田弁おおむたべん)は、九州地方中部、有明海東岸の福岡県大牟田市を中心とする地域で話される日本語の方言肥筑方言のひとつである筑後方言に分類される。

市の北部一帯(旧銀水村の全域及び旧三池町の一部地域)がもともと柳川藩領であったこともあり、柳川弁と同一方言とする学説もある[1]。ただし、大牟田市が近代になって栄えてきたという歴史的経緯もあり、語彙やイントネーションに関して久留米柳川など筑後地方他地域で話される方言とはさまざまな違いがみられる。

主な特徴[編集]

  • アクセントはいわゆる崩壊アクセントで、国語の授業で教科書などを読むと棒読みになる。
  • 他の筑後方言でみられるような「せ・ぜ」を「しぇ・じぇ」と発音する傾向はほとんどみられない。また、語尾が「とー」「よー」と延びる傾向もほとんど見られない。
  • 他の筑後方言では未然形に付く尊敬の助動詞として「しゃる・らっしゃる」があり、別に敬意の高い「なさる・なはる」があるが、大牟田弁はほぼ同格に扱われ、どちらか一方しか使わない人も多い。
  • 熊本弁島原弁など、周辺地域の方言の影響を受けている。

代表的な大牟田弁[編集]

  • あげん→ああ
類語:こげん・そげん・どげん
  • あげんか(あんか)→あんな
類語:こげんか(こんか、けんか)・そげんか(そんか、せんか)・どげんか(どんか、でんか)
  • あゆる→落ちる
  • うんにゃ→いや、いいえ
  • おとんことんなか→音沙汰ない
  • かってくる→借りてくる
参考:「買ってくる」は大牟田弁で「こうてくる」
  • からう→背負う
  • ぎゃん→とても
注:もともとは大牟田弁ではないが、十数年前より若者に浸透
  • きる→(お金を)両替する
  • くー→とても
注:主に中高年世代で使われる
  • (相手のところに)くる→(相手のところに)行く
  • けんか→こんな
  • こゆい、こゆか(こいか)→濃い
  • こんちょか→小さい
  • 〜さす→〜される
  • 〜しなはる、〜さっしゃる→〜される
注:「〜さす」よりは丁寧な表現
  • 〜時前〜分→〜時〜分前
  • じょる→(魚を)さばく
  • しょんなか→仕方がない
  • 〜するです→〜します
  • せからしか→うるさい、じれったい、面倒だ
参考:若者言葉の「ウザい」に近い
  • たーだ→適当
  • たぐる→花札を切る、トランプをシャッフルする
  • つ→かさぶた
  • でけん→駄目
  • とぜんなか→退屈(徒然)
  • どっきりした→(主に脂っこいものを食べて)満腹になった
  • なおす→しまう、片付ける
  • なんなっとん→何かしら
  • ねんかかる→寄りかかる
  • はわく→(ごみなどを)掃く
  • 〜ばい→〜だよ
  • ひゅうなか→古い、ぼろい、粗悪な
  • ふとか→大きい(背が高いという意味も含む)
  • ほがす→(穴を)開ける
  • みためなか→醜い、不恰好な
  • (歯の)もえん→(歯ごたえ)噛み切れない

追記[編集]

熊本弁をネタにブレイクしたお笑い芸人・ヒロシは、実際には大牟田市の隣、熊本県荒尾市の出身なので、彼のイントネーションは熊本弁というより大牟田弁に近い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松石安兵衛著『柳川方言総めぐり』生涯学習振興財団、1989年11月、252ページ

関連記事[編集]