大牟羅良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大牟羅 良(おおむら りょう、1909年7月20日 - 1993年2月20日)は、日本編集者農村研究家評論家。本名:大村次則。東京物理学校予科卒。

来歴[編集]

岩手県の山村に生まれ、17歳で代用教員となる。1938年、満州に渡り、共和会中央本部に勤務、1944年応召、宮古島で敗戦を迎える。復員後、盛岡に帰って古着の行商人となり、4年間岩手の山村を歩いた。1951年から岩手県国民健康保険団体連合会に勤務、同会発行の雑誌「岩手の保健」を編集、農民の声を活字にする。1958年、著書『ものいわぬ農民』で毎日出版文化賞日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

著書[編集]

  • ものいわぬ農民 岩波新書, 1958
  • 北上山系に生存す 声なき地帯の声(編)未來社, 1962
  • 野良着の声 アンケート(編)未來社, 1962
  • あの人は帰ってこなかった 菊池敬一共編 岩波新書, 1964
  • 荒廃する農村と医療 菊地武雄共著 岩波新書, 1971