大現礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大現礁
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

大現礁英語:Discovery Great Reef/大発現礁[1]ベトナム語: Đá Lớn / 𥒥𡘯)は、南沙諸島ティザード堆(英語:Tizard Banks、中国語: 鄭和群礁)と呼ばれるの南西方向に存在する環礁である。小現礁から18.5キロを離れている。面積は24.8平方キロメートル、縦長で南北に13キロメートルある。[2] 干潮時に露出する砂州がある。

1988年からベトナムが大現礁を実効支配しており、浅瀬に建造物を多数建設している。中華人民共和国中華民国台湾)、フィリピンも主権を主張している。[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 南沙諸島 - 領土の帰属をめぐる紛争地帯 Archived 2016年7月13日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 大現礁(中国語)
  3. ^ 台湾の南シナ海南沙諸島太平島における
  4. ^ 日本大学法学部 - 南シナ海の安全保障と戦略環境


座標: 北緯10度3分42秒 東経113度51分6秒 / 北緯10.06167度 東経113.85167度 / 10.06167; 113.85167