大田原清信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
大田原清信
時代 江戸時代中期
生誕 天和元年(1681年
死没 元禄15年11月24日1703年1月11日
改名 勘蔵(幼名)→清信
戒名 乾徳院殿撫山清育大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、備前
幕府 江戸幕府
下野大田原藩
氏族 織田氏大田原氏
父母 父:織田吉清、養母:朽木稙昌の娘
養父:大田原純清
正室:松平昌勝の娘
養子:扶清

大田原 清信(おおたわら きよのぶ)は、下野大田原藩の第6代藩主。

生涯[編集]

天和元年(1681年)、織田吉清(第2代藩主・大田原政清の三男)の長男として生まれる。元禄12年(1699年)に第5代藩主・純清が死去したため、その養子として家督を継いだ。12月28日に従五位下・備前守に叙位・任官する。

元禄15年(1702年)11月24日に死去した。享年22。跡を従弟の扶清が継いだ。