大田原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大田原駅
現在は車道となっている線路跡地から駅跡地方向を望む。 駅跡地はトライアル大田原店の敷地となっていた。
現在は車道となっている線路跡地から駅跡地方向を望む。
駅跡地はトライアル大田原店の敷地となっていた。
おおたわら
ŌTAWARA
大高前 (0.9km)
(1.7km) 中田原
所在地 栃木県大田原市山の手2-15-1[1][2]
所属事業者 東野鉄道(現・東野交通
所属路線 東野鉄道線
キロ程 4.6km(西那須野起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1918年大正7年)4月17日
廃止年月日 1968年昭和43年)12月16日
テンプレートを表示

大田原駅(おおたわらえき)は、かつて栃木県大田原市にあった東野鉄道廃駅)である。東野鉄道の廃止に伴い1968年昭和43年)に廃止された。

跡地は「大田原108ビル」となりショッピングセンターとして複数のテナントが入っていたが、2017年時点で空きビルとなっている(後述)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式と島式の複合2面3線のホームを持つ地上駅だった。また貨物の取り扱いもしていた。

駅周辺[編集]

当駅開業時には既に那須軌道の大田原駅が存在していたが、当駅付近ではなく現在の国道461号寺町商店街通り交差点近辺にあり、当駅と離れていた。なお、那須軌道は1921年(大正10年)頃に運行停止、1932年(昭和7年)に廃業となっている。

  • 光真寺
  • 足利銀行大田原支店
  • 栃木県庁那須庁舎
  • 大田原住吉郵便局
  • 大田原市役所

廃止後の現状[編集]

1979年(昭和54年)に「アイアイタウン・エドヤ」が駅跡にオープン。1993年平成5年)には大田原サティ(現・イオン)として再オープンしたものの、2003年(平成15年)10月に閉店。その後、2004年(平成16年)6月にスーパーセンタートライアル大田原店がオープンしたが、2014年(平成26年)5月に閉店した。2019年(令和1年)6月にはクスリのアオキ山の手店がオープンした。

かつて東野交通バスターミナルとしても使用されていたが、現在では駅当時の面影は留めていない。併設されていた「大田原」停留所は、当地点に最後まで乗り入れていた宇都宮東武-大田原線の運行終了[5]を持って廃止となった。

隣の駅[編集]

東野鉄道
東野鉄道線
大高前駅 - 大田原駅 - 中田原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の大田原108ビルの所在地
  2. ^ 大田原108ビル 三和住宅 2017年5月28日閲覧
  3. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1918年4月20日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ a b 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、新潮社、2008年、27頁。ISBN 978-4-10-790021-0。
  5. ^ Bus Japan ハンドブックシリーズ 89 東武バス 東野バス(星雲社発行、2015年) 51ページ

参考文献[編集]

他の駅との距離については以下の文献を用いた。

  • 『那須野ヶ原の鉄道100年史』那須野ヶ原の鉄道100年史編集委員会、那須野ヶ原開拓史研究会、1986年12月1日、138頁。

関連項目[編集]