大田都市鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大田都市鉄道
大田広域市都市鉄道公社1000系電車
大田広域市都市鉄道公社1000系電車
基本情報
大韓民国の旗 韓国
所在地 大田広域市
種類 地下鉄
開業 2006年
所有者 大田広域市
運営者 大田広域市都市鉄道公社
詳細情報
総延長距離 22.74 km
路線数 1
駅数 22駅
軌間 1,435 mm
路線図
路線図
テンプレートを表示
大田都市鉄道
各種表記
ハングル 대전도시철도
漢字 大田都市鐵道
発音 テジョン・トシチョルト
日本語読み: だいでんとしてつどう
英語表記: Daejeon Subway
テンプレートを表示

大田都市鉄道(テジョンとしてつどう)は、大田広域市都市鉄道公社が運営している大韓民国大田広域市の都市鉄道である。

概要[編集]

1991年大田直轄市における都市鉄道の建設計画が検討され始めた。当初は5路線を建設する計画が立てられたが、需要予測上の理由から3路線のみの計画に変更された。 1号線1996年10月30日に着工され、2006年3月16日板岩駅 - 政府庁舎駅間が、2007年4月17日に政府庁舎駅 - 盤石駅間が開通した。

路線[編集]

営業中[編集]

計画中[編集]

  • 2号線:市内を一周する路面電車として計画されている[1]。2018年に着工予定であったが現在も着工の目処は立っていない。

このほか市内を南北に結ぶ3号線が計画されていたが、忠清圏広域鉄道のルートと重なることから計画は事実上白紙となった。

運賃[編集]

  • 大人普通運賃は1区間(10km以下)1400ウォン、2区間(10km以上)1500ウォン。
  • 交通カード利用時の大人運賃は1区間(10km以下)1250ウォン、2区間(10km以上)1350ウォン[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]