大田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大田駅
대전
テジョン
Daejeon
所在地 大韓民国の旗大田広域市東区
所属事業者 韓国鉄道公社駅詳細
大田広域市都市鉄道公社駅詳細
大田駅
各種表記
ハングル 대전역
漢字 大田驛
平仮名
(日本語読み仮名)
たいでんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
テジョンニョク
英語 Daejeon Station
テンプレートを表示

大田駅(テジョンえき)は大韓民国大田広域市東区にある、韓国鉄道公社(KORAIL)の

本項では、近接する大田都市鉄道大田駅(テジョンえき)についても記述する。

乗り入れ路線[編集]

KORAILの駅には、戸籍上京釜高速線京釜線大田線の3路線が乗り入れているが、大田線は定期旅客列車の運行を行っていない。また、京釜線を通じて忠北線慶全線に直通する列車も当駅に乗り入れる。

京釜高速線にはKTXSRTが乗り入れ、経由する全列車が停車する。また、京釜線水原経由のKTXは当駅構内で京釜高速線に接続する。

なお、湖南線(益山・光州方面)の旅客列車は、大田操車場で京釜線から分岐し、大田広域市内のターミナル駅を西大田駅としており、当駅からは発着しない。かつて大田線を経由し西大田駅から湖南線に直通する旅客列車が設定されていたが、2015年4月2日に運行中止となっている。

歴史[編集]

日本統治時代の大田駅

駅構造[編集]

韓国鉄道公社[編集]

韓国鉄道公社 大田駅
駅舎と韓国鉄道公社(KORAIL)本社ビル
駅舎と韓国鉄道公社(KORAIL)本社ビル
대전
テジョン
Daejeon
所在地 大韓民国の旗大田広域市東区中央路朝鮮語版 215(貞洞 1)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 管理駅
駅等級 1級
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 6面12線
乗車人員
-統計年度-
20,969人/日(降車客含まず)
-2009年-
乗降人員
-統計年度-
41,592人/日
-2009年-
開業年月日 1905年1月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 京釜高速線
キロ程 142.1km(始興連結線分岐(京釜線)起点)
五松 (35.1km)
(73.8km) 金泉(亀尾)
所属路線 京釜本線
キロ程 166.3km(ソウル起点)
大田操車場 (6.7km)
(7.3km) 細川
所属路線 大田線
キロ程 0.0km(大田起点)
(5.7km) 西大田

当駅は地上駅橋上駅)で、3階に切符売り場及び改札口、1階にホームがある。

ホームは島式6面12線を有する。そのほかに留置線がある。

のりば[編集]

ホーム 路線 種別 行先 備考
1・2 大田線・湖南線 ムグンファ号 西大田益山光州光州松汀木浦方面 (現在未使用)
3・4 京釜高速線(上り) KTX 五松天安牙山光明ソウル幸信方面 一部京釜線水原経由
5・6 京釜線(上り)・忠北線・中央線直通 ITX-セマウル・ムグンファ号 鳥致院天安水原永登浦・ソウル・堤川・栄州方面
7・8 京釜線(上り)・忠北線 KTX・ムグンファ号・ヌリロ号ITX-青春 水原・龍山・ソウル・清州忠州堤川方面 当駅始発・終着
9・10 京釜線(下り)・慶全線直通・京釜高速線(下り) KTX・ITX-セマウル・ムグンファ号 亀尾東大邱密陽亀浦釜山馬山晋州方面 KTXは水原経由列車が発着
11・12 京釜高速線(下り) KTX 東大邱・新慶州馬山・晋州・浦項・釜山方面

駅構内施設[編集]


大田広域市都市鉄道公社[編集]

大田広域市都市鉄道公社 大田駅
4番出入口(2006年撮影)
4番出入口(2006年撮影)
대전
テジョン
Daejeon Station
103 大洞 (1.01km)
(0.83km) 中央路 105
所在地 大韓民国の旗大田広域市東区中央路地下218
位置座標
駅番号 104
所属事業者 大田広域市都市鉄道公社
所属路線 1号線
キロ程 3.17km(板岩起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
10,371人/日(降車客含まず)
-2010年-
乗降人員
-統計年度-
20,758人/日
-2010年-
開業年月日 2006年3月16日
備考 駅名標は「大田駅駅」となっているが、公式の駅名は「大田駅」。

旅客案内上、「大田駅駅」とされることもあるが、正式には「大田駅」である。

当初、KTX京釜高速線の大田市内通過区間が地下化される計画があったため、当駅は地表よりかなり深い位置に建設された。ただし、後に京釜高速線のこの区間は地上に建設されることとなっている。

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。

出口は1番から5番までの5ヶ所あり、4番出口を介してKORAILの大田駅に乗り換えることができる。

のりば[編集]

  • のりばの番号は未設定。
ホーム 路線 行先
上り 1号線 板岩新興大洞方面
下り 1号線 五龍市庁儒城温泉盤石方面


利用状況[編集]

韓国鉄道公社
年度別 利用人員[1]
京釜線 大田線[2]
KTX セマウル ムグンファ トンイル 合計 合計
2001年 下り 乗車 未開通 553551 1353202 85335 1992088 31674
下車 未開通 674280 2420451 46710 3141441 未公開
上り 乗車 未開通 738320 2418212 39976 3196508 未公開
下車 未開通 573290 1330624 86326 1990240 27708
2002年 下り 乗車 未開通 520995 1186547 76003 1783545 13423
下車 未開通 618636 2129814 34236 2782686 未公開
上り 乗車 未開通 687231 2152504 37123 2876858 未公開
下車 未開通 521922 1184723 80356 1787001 13859
2003年 下り 乗車 未開通 481953 1110146 73921 1666020 未公開
下車 未開通 580506 1979849 24356 2584711 11791
上り 乗車 未開通 652145 1989316 30082 2671543 14131
下車 未開通 483032 1104793 81127 1668952 未公開
2004年 下り 乗車 832587 322247 914940 16998 2086772 25866
下車 1156544 479850 1780146 6654 3423194 0
上り 乗車 1240190 529513 1705953 9226 3484882 0
下車 789881 322485 919985 20310 2052661 49007
2005年 下り 乗車 1336997 262798 781528 廃止 2381323 28483
下車 1851398 510573 1713714 廃止 4075685 0
上り 乗車 1980557 575916 1583781 廃止 4140254 0
下車 1278757 256302 798557 廃止 2333616 51467
大田広域市都市鉄道公社
年度 大田1号線[3] 備考
合計 1日平均
2006年 乗車 1,634,967 5,618 291日
営業
下車 1,476,407 5,074
合計 3,111,374 10,692
2007年 乗車 2,930,003 8,027
下車 2,799,070 7,669
合計 5,729,073 15,696
2008年 乗車 3,283,133 8,970
下車 3,210,689 8,772
合計 6,493,822 17,743
2009年 乗車 3,756,814 10,293
下車 3,695,473 10,125
合計 7,452,287 20,417
2010年 乗車 3,785,301 10,371
下車 3,791,273 10,387
合計 7,576,574 20,758
2011年 乗車 3,994,745 10,945
下車 4,018,831 11,010
合計 8,013,576 21,955
2012年 乗車
下車
合計
2013年 乗車
下車
合計

駅周辺[編集]

韓国鉄道公社本社
韓国鉄道公社大田忠南本部

韓国鉄道公社の駅舎から見て西側には都市鉄道駅​​の出入口(2番、3番出入口)やタクシー乗り場、バス乗り場があり、大田中心部方面に向かう中央路朝鮮語版がある。東側にはレンタカー会社、劇場、中央市場、地下商店街などの商業施設が密集しており、バスの車庫や駐車場もある。

路線バス[編集]

大田駅(駅前市場), 中央市場 
急行バス :急行1
外郭バス :30、52、60、 62、63、
幹線バス :102、501、514、605、606、 607、 613
大田駅(中央市場前), 木尺橋
急行バス :急行1
幹線バス :101、 103、107、 201、 202、311、603、 613、615、701
支線バス :511、 313、 317、 614
直通座席バス : 2002
大田駅(西広場), 鉄道公団忠清本部
急行バス :急行2
外郭バス :52、 60、 63
幹線バス :101、 201、 202、606、607、613、705、802
直通座席バス : 2002


登場作品[編集]

新感染 ファイナル・エクスプレス
車内でゾンビが発生したソウル発釜山行きのKTX列車が管制所の指令を受け、「軍隊に厳しく守られている」と言われる大田駅に停車。無事な運転士、乗務員や乗客たちが出口に向かうが、軍隊が全員ゾンビ化しているところを発見し、急遽列車に逃げ戻り、隔離に成功した釜山へ向かう。

その他[編集]

駅構内にある大田駅カラッククスの店

現在、当駅から湖南線方面の列車は発着しないが、長らく京釜線と湖南線の分岐駅であった当駅は、駅うどん「大田駅カラッククス朝鮮語版」や、歌謡曲「大田ブルース朝鮮語版」で有名である。

「カラッククス」(가락국수)は、うどんの韓国語固有語表現である。大田駅をショートカットする旧大田線(現:湖南線)が開通する1978年まで、ソウルから湖南線方面に向かう直通列車は大田駅で方向転換のため、機関車の付け替え作業を行わねばならなかった。このため、待ち時間に旅客が駅のホームで食するうどん(カラッククス)が大田駅の名物として知られるようになった。

「大田ブルース」(作詞:崔致守、作曲:金富海)は男女の別れを歌った歌謡曲(トロット)で、1959年に安貞愛の歌として発表された。歌詞に登場する深夜0時50分大田駅発の列車は、当時、ソウルを出て大田駅で釜山行きと切り離される木浦行きの列車である[4]。1979年には「懐メロ」となっていたこの曲をチョー・ヨンピルがカバーし、韓国で大ヒットを飛ばした。日本では三佳令二の訳詞があり、チョー・ヨンピルのほか、大月みやこ桂銀淑青江三奈などが多くの歌手が歌っている。1999年には、大田駅前に「大田ブルース」の記念碑が建てられた。大田広域市都市鉄道公社1号線では大田駅到着前の車内放送で「大田ブルース」が流れる。[5]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
京釜高速線
KTX
五松駅 - 大田駅 - 金泉(亀尾)駅
京釜本線
KTX
水原駅 - 大田駅 - 金泉(亀尾)駅(京釜高速線)
ITX-青春
鳥致院駅 - 大田駅
セマウル号
新灘津駅 - 大田駅 - 永同駅
ムグンファ号
新灘津駅 - 大田駅 - 沃川駅
ヌリロ号
鳥致院 - 大田駅 - 沃川駅
大田広域市都市鉄道公社
1号線
大洞駅 (103) - 大田駅 (104) - 中央路駅 (105) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 원자료는 철도통계연보 アーカイブされたコピー”. 2013年5月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月25日閲覧。
  2. ^ 01〜03年の京釜線-湖南線間のデータの活用。
  3. ^ 공사소개 > 경영공시 > 수송실적[リンク切れ], 大田広域市都市鉄道公社
  4. ^ 新オリエント特急夢紀行/大田・釜山 別れの愛惜がブルースを生んだ」、西日本新聞2002年05月28日掲載
  5. ^ 대전광역시 도시철도공사 - 공사소개 - 알림사항 - 자료실 Archived 2013年8月8日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]