大畠瀬戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大畠瀬戸と大島大橋

大畠瀬戸(おおばたけせと)は、山口県南東部に位置し、本州屋代島(周防大島)(屋代島)に挟まれた瀬戸[1]大島大橋が架かる。

全長750m、深さ約20m、潮流約7ノット。本土側の瀬戸山鼻と周防大島側の明神鼻に挟まれた間が最狭部となっている。周防灘安芸灘を結ぶ最短経路。

大畠駅から小松港(周防大島)の間には国鉄大島連絡船を運航していたが、大島大橋の開通に伴い1976年(昭和51年)7月5日に廃止となった。

面する自治体[編集]

脚注[編集]