大相撲平成21年3月場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大相撲平成21年3月場所(おおずもうへいせい21ねん3がつばしょ)は、2009年3月15日から3月29日まで大阪府立体育会館で開催された大相撲本場所

幕内最高優勝は、横綱白鵬翔(15戦全勝・2場所ぶり10回目)。

場所前の話題など[編集]

番付・星取表[編集]

成績 結果 番付 西 成績 結果
朝青龍 11勝4敗 横綱 白鵬 15勝 優勝
琴欧洲 10勝5敗 大関 千代大海 2勝13敗
魁皇 8勝7敗 大関 日馬富士 10勝5敗
琴光喜 8勝7敗 大関
把瑠都 8勝7敗 関脇 稀勢の里 5勝10敗
豪栄道 9勝6敗 小結 旭天鵬 6勝9敗
北勝力 2勝13敗 前頭1 鶴竜 10勝5敗 技能賞
琴奨菊 6勝9敗 前頭2 栃煌山 8勝7敗
雅山 4勝11敗 前頭3 時天空 5勝10敗
豪風 8勝7敗 前頭4 嘉風 7勝8敗
若の里 6勝6敗3休 前頭5 安美錦 9勝6敗
玉乃島 8勝7敗 前頭6 豊ノ島 8勝7敗
豊真将 11勝4敗 敢闘賞 前頭7 高見盛 6勝9敗
栃乃洋 8勝7敗 前頭8 黒海 5勝10敗
出島 6勝9敗 前頭9 普天王 7勝8敗
岩木山 8勝7敗 前頭10 栃ノ心 6勝9敗
朝赤龍 9勝6敗 前頭11 阿覧 10勝5敗
垣添 7勝8敗 前頭12 翔天狼 7勝8敗
千代白鵬 10勝5敗 前頭13 山本山 8勝7敗
玉鷲 9勝6敗 前頭14 霜鳳 8勝7敗
土佐ノ海 4勝11敗 前頭15 木村山 7勝8敗
豊桜 5勝10敗 前頭16

優勝争い[編集]

前場所を14勝1敗で優勝した朝青龍と、優勝同点に終わった白鵬の両横綱がこの場所も勢いを保ち、9日目の時点で全勝の両横綱に迫っていたのは2敗の大関魁皇のみだった。魁皇は7日目まで1敗で踏ん張るも、絶不調の千代大海を除く上位陣に全敗してしまい、優勝争いから脱落した。

この場所も両横綱の一騎討ちになるかと思われたが、朝青龍は10日目からの上位戦、まず日馬富士に敗れると12日目には琴光喜にも敗れて痛い2敗目。白鵬は単独トップとなったが、上位戦でも不覚は取らず独走を続け、14日目の結び前に朝青龍が琴欧洲に敗れた時点で白鵬の10回目の優勝が決まった。白鵬は千秋楽でも朝青龍を寄り切り自身3回目となる全勝優勝を達成。優勝次点は11勝4敗に終わった朝青龍と、6日目から9連勝するなど活躍した同じく11勝4敗の平幕の豊真将で、次点力士に4勝差をつけての優勝は15日制定着以降11例目となる。

各段優勝・三賞[編集]

  • 幕内最高優勝 白鵬 15戦全勝(10回目)
    • 殊勲賞:該当者なし
    • 敢闘賞:豊真将(3回目)
    • 技能賞:鶴竜(2回目)
  • 十両優勝 豊響 12勝3敗
  • 幕下優勝 徳真鵬 6勝1敗
  • 三段目優勝 若力堂 7戦全勝
  • 序二段優勝 千代の国 7戦全勝
  • 序ノ口優勝 青木 6勝1敗

トピック[編集]

  • 大関千代大海が皆勤で13敗し、皆勤大関としての最多黒星記録を更新してしまった。なお、それまでの記録は昭和63年9月場所の小錦などの12敗。

参考文献[編集]

<<
平成20年11月場所
平成21年
>>
平成22年1月場所
1月場所 3月場所 5月場所
7月場所 9月場所 11月場所